このページの本文へ

コンパクトでもサクサク動くサイコムの「Radiant SPX2500H110」

これは700W電源ユニットですか? いえデスクトップCPU搭載パソコンです

2017年10月06日 09時00分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Radiant SPX2500H110」

 「小さくて速いパソコンがほしい」というのは、シンプルながらかなり難しい要望だ。“速い”というのがグラフィック性能なのか、それともCPUの性能なのかでも変わるし、そもそも“小さい”というのがどのくらいなのかもわかりにくい。そこで、もう少し具体的に条件を考えてみよう。

・「ゲームはしないけど動画や画像編集、イラスト作成などに使いたい」
・「机の上においてもジャマにならない、ティッシュ箱くらいの大きさがいい」

 このくらい具体的になれば、条件としてわかりやすい。これからまず最初に思いつくのがNUCシリーズ。ただ、サイズは十分要望を満たすとはいえ、CPUがノート向けとなるため性能面で不安が残る。では、デスクトップCPUが使えるという条件で探すとMini-ITXを採用したパソコンになるのだが、今度はサイズがオーバーしてしまう。

 こんな都合のいい製品はない……と諦めるのはまだ早い。実はこの条件にピッタリのパソコンがあるのだ。それが、サイコムの「Radiant SPX2500H110」だ。

Core i7-7700までのデスクトップCPUが選べる小さくてもパワフルなパソコン

 デスクトップCPUが搭載できるというと「コンパクトだっていっても、結構大きいんでしょ?」と疑われるのだがRadiant SPX2500H110はMini-STXを採用した製品で、本体サイズがおよそ幅80×奥行155×高さ155mmと本当に小さい。数値だけ見せられてもなかなか想像しづらいと思うので具体的なものとの比較でいえば、フロントパネルのサイズがiPhone 7 Plusと大体同じだと思ってもらえればいいだろう。自作PCに詳しい人向けにいえば、700WクラスのATX電源ユニットサイズだ。

フロントパネルのサイズがiPhone 7 Plusとほぼ同じ。デスクトップCPUが使えるとは思えないほどコンパクトだ

 これだけ小さいとスペックは限定されると思われがちだが、搭載できるCPUは最高で「Core i7-7700」。これは最大4.2GHzで動作する4コア8スレッドCPUで、LGA1151のソケットに装着できるCPUとしては2番目に高速なものとなる。これだけ性能が高ければ、動作が遅いなんていう人はそうそういないだろう。

 メモリーはノートパソコンと同じコンパクトなSO-DIMMだが、スロットを2つ備えBTOで最大16GBまで拡張できる。標準の4GBでは心もとないというなら、注文時にカスタマイズするのがおすすめだ。もちろん、後から自分で増設も可能だ。

背面の4つのネジを外すと簡単に引き出せる。後から自分でメモリーを増設するのも簡単だ

 ストレージはM.2と2.5インチベイ(SATA用)×2を装備。システムには高速なNVMe対応のSSDを使い、データ用には大容量の2.5インチHDDを使いたい、というような活用ができるわけだ。タワー型であればこういった使い方は普通だが、ここまでコンパクトでもしっかりとストレージ用のベイが2つも用意されているというのがうれしい。

ストレージ用にはM.2だけでなく、2.5インチベイもしっかり装備。HDDはもちろん、SSDも搭載可能だ。データ用にもSSDを使えば、静かで超高速なパソコンとなる

 ちなみに、吸気口に付けられているフィルターは磁石でついているだけなので、いつでも簡単に着脱可能。ホコリがたまってきたら取り外し、掃除できるわけだ。完全に外付けとなっているため、着脱時にパソコンの電源を切る必要はなく、気づいたらすぐに作業できるのがありがたい。

パソコン内部にホコリが入り込むと、故障の原因となりかねない。フィルターを装着れば、ホコリの多くをカットできる

 Radiant SPX2500H110のインターフェースは、USB 3.0端子×3(うち、1つはType-C)、USB 2.0端子×1、有線LAN端子、HDMI端子、D-Sub15ピン、DisplayPortなど。USBの数が少ないので、周辺機器を多数接続して使いたい場合はUSBハブを別途用意しておきたい。

コンパクトということもあって、インターフェースは限定的。とくにUSBの数が少ないので、接続したい周辺機器がある場合は注意が必要だ

ちょっとしたスペースに置ける高性能パソコンが欲しい、という欲張りな人に

 価格や性能はBTOで選んだパーツによって大きく左右されるので一概にいえないが、例えばCPUにCoire i3を選んだとしても、ノート向けのCore i7(2コア4スレッド)よりも高速。単純に、ノートパソコンよりも早いパソコンとなると考えていいだろう。

 CPUからメモリー、ストレージと好みのスペックを選べるため、入門機から仕事、趣味用途まで、幅広い要望に応えてくれるのも魅力のひとつ。“小さいだけ”のパソコンではなく、快適に使える実力も備えたパソコンがほしいというのであれば、Radiant SPX2500H110は要チェックの存在だ。

Radiant SPX2500H110の標準スペック
CPU Core i3-7100(3.5GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 630
メモリー 4GB
ストレージ 500GB HDD
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×3(うち、1つはType-C)、USB 2.0端子×1、有線LAN端子、HDMI端子、D-Sub15ピン、DisplayPortなど
サイズ およそ幅80×奥行155×高さ155mm
OS オプション(別売)
価格 4万8080円から

■関連サイト

カテゴリートップへ