このページの本文へ

GIGABYTE「GP-AC300W」

パーツと同期して光るGIGABYTEのゲーミングケース

2017年10月03日 23時16分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTE「AORUS」ブランドから、ミドルタワーPCケース「GP-AC300W」が発売された。サイドパネルに透明アクリルウィンドウを採用したゲーマー向けモデルだ。

GIGABYTEとしては珍しいミドルタワーPCケース「GP-AC300W」が発売。フロントや電源ユニットカバーのロゴは「RGB FUSION」により多彩なカラーオプションとライティングエフェクトに対応した

 「GP-AC300W」は、GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」シリーズに属するPCケース。サイドパネルに透明アクリルウィンドウを採用し、内部に搭載したパーツを魅せられる。またビデオカードは、垂直に取り付けることも可能だ。ただし、ライザーケーブルは付属していない。

 またフロントI/Oには、LEDコントロールやオーディオポートのほか最新のUSB Type-Cを含む3つのUSBポートを装備。加えて、VR接続用のHDMIポートを備え、AORUS VR Link接続に対応する。

内部は今どき仕様。拡張カードは最長400mm、CPUクーラーは全高170mm、電源ユニットは最長180mmまで対応する

 そのほか、フロントや電源ユニットカバーのロゴは、「RGB FUSION」により多彩なカラーオプションとライティングエフェクトに対応。関連パーツと同期して発光させて楽しむこともできる。

残念ながら実機の展示はないが、ドスパラ パーツ館では在庫販売中

 基本スペックは、全体サイズが211(W)×458(D)×469(H)mm、ベイ数は3.5/2.5インチ共用ベイ×2、2.5インチベイ×3。冷却ファンはフロントとリアそれぞれに120mm×1を標準装備するほか、フロント140mm×2/120mm×3、トップ140mm/120mm×2、リア140mmm/120mm×1を追加搭載可能。

 価格は1万9418円。ドスパラ パーツ館で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中