このページの本文へ

さくらインターネット、データ流通推進協議会に参加

2017年10月03日 15時00分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは10月3日、2017年12月に設立予定の団体「データ流通推進協議会」に参加すると発表した。

 データ流通推進協議会は、日本国内におけるデータ流通事業の健全な成長のために、データ流通事業者間の連携や適切な事業運営の推進を目的とした団体。データ提供者が安心かつスムーズにデータを提供でき、データ利用者が欲するデータを簡単に収集・活用できる技術的・制度的環境の整備などを実施する。

 また同社は、2017年4月にIoTプラットフォームサービス「sakura.io」の提供を開始している。sakura.ioは、モノとネットワークでデータを送受信するための「さくらの通信モジュール」。通信環境、データの保存や連携処理に必要なシステムを一体で提供するサービスで、将来的にはIoT機器から得られるセンサーデータなどの取引機能も提供予定とのこと。

 本協議会に参加することで、今後、活性化されるデータ取引市場において、データ提供者の事業拡大やデータ利用者が使いやすいルールを定め、市場ならびに自社の成長と発展につなげていくとしている。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』