このページの本文へ

エレコム、iPhoneで使えるAR・VRアプリコントローラー

2017年10月03日 07時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは10月2日、マルチプラットフォームを採用したAR・VRアプリ専用コントローラー「JC-VRR02VBK」を発表した。価格は7279円で、10月下旬から発売。

 スマホのAR(拡張現実)アプリおよびVR(仮想現実)アプリの操作を、AR・VRグラスを装着したままできるようになるコントローラー。プラットフォームには、ワンダーリーグの「ヴルーム」を採用しており、今後ヴルームを組み込んだコントローラーの開発とアプリ提供者とのパートナーシップを構築していくとしている。

 6軸のモーションセンサーやアナログスティックのほか、シューティングゲームなどでも操作しやすいトリガーボタンを搭載。さらに音量調整も可能。Bluetoothでスマートフォンと接続できる。

 またスマホアプリのコントローラーとしての利用だけでなく、Apple TVなどと組みあわせて、スマホのゲームアプリを家庭用ゲーム機のように大画面で楽しめるという。

 本体サイズはおよそ幅149×奥行き89×高さ46mmで、重量はおよそ56g(電池を含まず)。単四形アルカリ乾電池、単四形マンガン乾電池、単四形ニッケル水素電池のいずれか2本で駆動し、アルカリ乾電池使用時の動作時間はおよそ75時間。対応機種はBluetooth 4.0に対応したAndroid端末、iOS端末。対応OSはAndroid 5.0以降、iOS 10以降。

 同社は本製品を皮切りに今後、ソフト提供者などを巻き込んで大きなモバイルAR・VRの潮流をつくり出すとしている。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース