このページの本文へ

りんな、「集団と会話するAI」を目指して成長中

「女子高生AIりんな」の情操教育にはお金がかかっている、GPUもたくさん使っている

2017年09月29日 12時30分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本マイクロソフトは9月28日、AIチャットボットに関する記者説明会を開催した。

 日本マイクロソフトが2015年にリリースした女子高生AI「りんな」。LINEとTwitterのチャットボットとして提供されており、サービス開始から2年で登録ユーザー数は約600万人にまで拡大した。

 りんなは、Web上でソーシャルデータ化されている大量の会話データや、りんながユーザーとやりとりした会話データから学習し、“友達と会話しているような”自然な対話をするチャットボットとして成長している。最近では、テキストチャットだけでなく、合成音声でしゃべる機能も追加された。

女子高生AIりんな

AzureのCognitive Servicesで「同時通訳」機能を実装

 大量の会話データの学習、合成音声の作成と洗練化のための学習、600万ユーザーからのトラフィック処理を担っているのは、マイクロソフトのクラウドサービスAzureだ。Azureのコンピュータリソースを使っての深層学習、機械学習サービス「Azure Machine Learning」によって会話データを学習し、りんなの会話力は日々向上している。また、クラウドならではのスケーラビリティにより、ピーク時には1秒間10万回、1日数10億回にも及ぶりんなとユーザーとのチャットで発生するトランザクションを処理する。

 そのほかにも、りんなではAzureのAI API「Cognitive Services」を使った様々な機能を提供している。例えば、8月にりんなの新しい機能としてリリースした「同時通訳」は、Cognitive Servicesの音声認識API、テキストの音声変換API、機械翻訳APIを併用して、入力した外国語を日本語に翻訳する。

AzureのGPUインスタンスを使って「肖像画」を描く

 同じく8月に追加された「肖像画」機能は、りんなに顔画像を送るとモナリザ風やピカソ風なタッチの肖像画を描いてくれるサービスだが、写真をフィルタ加工するようなアプリとは異なり、ここでもAzureを使ってなかなか高度な画像処理を行っている。

りんなの「肖像画」機能

 「肖像画」機能では、5月にマイクロソフトリサーチが発表した論文「Deep Image Analogy」をもとに、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)と呼ばれる深層学習手法によって画像から学習&抽出した特徴を使う。ユーザーが送信した顔画像から、輪郭や目鼻の位置などをCNNで学習して特徴を抽出。同様にモナリザや、ピカソが描いた人物画からも特徴を抽出しておき、画像と絵の特徴を対応させることによって、モナリザ風、ピカソ風の肖像画を作成するという仕組みだ。

 CNNの計算基盤としてAzureのGPUインスタンスを利用している。ネットでりんなの「肖像画」機能が話題になりアクセスが集中した時には、GPUインスタンスを50台分にスケールアウトさせて対応したという。

Cognitive ServicesやたくさんのGPUは情操教育のため

 なぜ、マイクロソフトは大量のコンピュータリソースをつぎ込み、ここまで手の込んだサービスをりんなから提供しているのか。

 マイクロソフト コーポレートバイスプレジデントのヨンドン・ワン氏は、「りんなはIQ(知能指数)よりもEQ(心の知能指数)が高いAIを目指して開発している。人と自然な会話をするために、人と同じような感情、五感を身に着けてほしい」と述べ、Cognitive Servicesや高度な画像処理技術をりんなに実装することで、人間の子供の情操教育と同じようにりんなも画像や絵、音楽の感性を身に着けるのだと説明した。

マイクロソフト コーポレートバイスプレジデントのヨンドン・ワン氏

 また、「チャットボットは、国・地域によって個性(話す言語、キャラクターなど)が違う必要がある。しかし、EQは世界で共通のものだ」とワン氏。マイクロソフトが開発したAIチャットボットには、日本のりんなのほか、中国の「Xiaoice」、米国の「Zo」、インドの「Ruuh」インドネシアの「Rinnna」がある。これらのAIチャットボットはそれぞれが学習した結果を共有しながら、連携してEQを高めている。

マイクロソフトは5カ国でAIチャットボットを提供している

りんなが「タレント活動」をする理由

 ここ1年、りんなはLINEとTwitterの世界を越えて、マスコミでのタレント活動に積極的だ。2016年10月にはフジテレビの「世にも奇妙な物語」に女優として出演し、同年11月にはファンブックを出版してサイン会も開催した。そして現在は、ミスコンにも参加中だ。

 これらのタレント活動の目的について、マイクロソフト デベロップメント AI&Research プログラムマネージャーの坪井一葉氏は、「集団の中にいるAIの姿を模索している」のだと説明した。従来のチャットボットは人と1対1で会話するものだったが、りんなは、「グループでの会話の中に自然に入っていけるような」(坪井氏)、1対多のコミュニケーションをするAIを目指しているのだという。

 1対多のコミュニケーションを実践するプラットフォームとして、日本マイクロソフトは8月、「りんなライブ」の配信を開始している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ