このページの本文へ

CEATEC出展に合わせB2B向けIoTソリョーションを本格始動

MaBeee開発のノバルス、見守り電池やIoTモジュールなどCEATECに出展

2017年09月29日 11時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ノバルスは9月29日、IoT市場におけるB2B事業への展開のため、「見守り電池」「MaBeee IoT モジュール」「LPWA対応」などを「CEATEC JAPAN 2017」に出展すると発表した。

 見守り電池は、テレビリモコンやガスコンロなど既存の乾電池製品に装着するだけで、離れて暮らす家族の生活をさりげなく見守ることができる安否確認ソリューションだ。

 MaBeee IoT モジュールおよびモジュール搭載製品は、小型、省電力IoTデバイス開発技術をモジュールに集約、省電力無線通信、電池出力コントロール機能に加え、各種センシング機能、電流モニタリング機能などを搭載。各種IoT製品開発に最適化している。CEATEC会場では、防災製品や空調設備などへの搭載例も紹介するという。

 また同社は、クラウドバッテリー開発に着手。無線通信方式にLPWAを搭載し、スマートデバイスやルーター機器を介さず、直接クラウドまでの通信が可能となる。形状としては、乾電池型、IoTモジュール型ともにLPWAを搭載するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ