このページの本文へ

ノアール配置で設計された「リアルアーケード Pro.N HAYABUSA」が付属

HORIのアケコンがセットのGTX 1060搭載「鉄拳7」推奨PC

2017年09月29日 16時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSET」

 ユニットコムは9月29日、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコン「LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSET」の販売を開始した。

 LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSETは、HORIの「リアルアーケード Pro.N HAYABUSA」が標準で付属。アーケード筐体と同様「ノアール配置」で設計されており、独自開発のHAYABUSAユニットにより優れた応答速度と入力制度を実現しているという。

 主なスペックは、Core i7-7700(3.6GHz)、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、Z270チップセット、8GBメモリー、240GB SSD、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は500Wで、80PLUS SILVER認証を取得している。価格は15万9818円。

■関連サイト

カテゴリートップへ