このページの本文へ

日本HP、約62万円の背負えるVR対応ワークステーション発表

2017年09月28日 17時30分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本HPiconは9月28日、VR対応のウェアラブルワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstationicon」を発表した。価格は62万6400円で、11月下旬から発売する。

 HP Z VR Backpack G1 Workstationiconは、安全で管理性を考慮し、VRの可能性を発揮するように開発されたウェアラブル ワークステーション。ハーネスに装着してバックパックのように背負うことで、VR空間を自由に動くことができ、没入体験を得られるという。

 パッケージには本体のほか、ドッキングステーション、ハーネス、外付けバッテリー、PC本体接続用バッテリーホルダー、外付けバッテリー充電ステーション、VR 3-in-1ケーブル、ACアダプター、電源コードが付属する。スペックは以下のとおり。

HP Z VR Backpack G1 Workstationicon
OSWindows 10 Pro(64bit)
CPU Core i7-7820HQ
メモリー32GB
ストレージ512GB SSD
グラフィックスQuadro P5200 16GB
インターフェースバックパック本体
USB Type-C 3.1 Gen2(Thunderbolt 3対応)、USB 3.0×4 、HDMI 2.0、Mini DisplayPort、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、ヘッドマウントディスプレー用電源コネクター、電源コネクター、ドッキングコネクター、外付けバッテリー接続用コネクター×2
ドッキングステーション
USB Type-C 3.0、USB 3.0×5、HDMI 2.0、DisplayPort、電源コネクター、外付けバッテリーパック充電用コネクター、Kensington Cable Lock用スロット、オンボードネットワークコネクション RJ-45
本体サイズ幅236.4×奥行き60.9×高さ333.5mm
重量バックパック本体:2.6kg
外付けバッテリーを含むバックパックキット装着時:4.658kg
HP Z6 G4 Desktop WorkstationHP Z4 G4 Desktop Workstation

 また、新デザインを採用したデスクトップワークステーション「HP Z8 G4 Desktop Workstationicon」、「HP Z6 G4 Desktop Workstationicon」、「HP Z4 G4 Desktop Workstationicon」も発表。価格は20万4120円からで、11月下旬から順次発売する。

 デザイン、建築、研究、VR、ディープラーニングなどの分野が必要とする高い処理能力に加え、ランタイム侵入検知機能を搭載した自己修復BIOS「HP Sure Start Gen3」や「HP Client Security Suite」など、業界で最も包括的なセキュリティー機能を備えているという。

HP Z8 G4 Desktop Workstation

 最上位モデルのHP Z8iconは、デュアルプロセッサー構成時にXeon Platinum 8160を2基搭載し、最高48コア/96スレッドを実現できるほか、最大40TBストレージ、最大1.5TBメモリー、グラフィックスにQuadro P6000を2台積めるなどプロの要求に応えられる製品としてる。

カテゴリートップへ