このページの本文へ

日米欧豪でサービス開始、世界的なビジネス展開が可能に

NTT Com、SAPシステム向け共有型クラウド基盤サービス「Enterprise Cloud for ERP」提供開始

2017年09月27日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
全体イメージ図

 NTTコミュニケーションズは9月27日、SAPシステム向け共有型クラウド基盤サービス「Enterprise Cloud for ERP」を提供開始した。

 EMCジャパンとの協業により開発・販売するもので、マネージドサービスとあわせて日本と米国、欧州、オーストラリアにて提供。ユーザーはSAPシステム向けのミッションクリティカルなシステムをクラウド上でトータルかつグローバルに利用できる。

 インメモリデータベースであるSAP HANAに対応したクラウド基盤として仮想HANA(最大2.9TB)メニューと物理HANA(最大8.0TB)メニューを用意するほか、高可用性を実現するために同一データセンター内でのHigh Availability構成、および東京・大阪間でのDisaster Recovery構成を組み込んだ標準メニューを提供。さらに、SAPのリソース消費特性に対応したμVMテクノロジーに基づく実利用ベースの従量課金メニューを採用する。

 クラウド基盤に加え、マネージドサービス/システム監視サービス/TAMS(Technical Account Manager Services)を用意、ユーザーに対し運用支援や運用状況分析、アドバイスサービスを提供する。

 NTTコミュニケーションズでは今後、VirtustreamおよびEMCジャパンとの協業に基づき、さらなるサービス機能の拡大や拠点拡大を推進。SD-Exchangeによるクラウド基盤接続やCloud Management Platformによる複数クラウド基盤の一元運用管理なども行なうとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ