このページの本文へ

コピーが瞬時に終わる新ファイルシステム&英語と日本語をシームレス入力

これまでの常識を覆す進化macOS High Sierraが登場

2017年09月26日 02時15分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは日本時間の9月26日2時(25日26時)に、新OSとなるmacOS High Sierraをリリースしました。バージョン番号は10.13で、Mac OS X、OS Xから現在のmacOSまで続く14番目のメジャーバージョンアップとなります。利用できるMacは意外にも幅広く、Late 2009以降のMacBookとiMac、Mid 2010以降のMacBook ProとMac mini、Mac Pro、そしてLate 2010以降のMacBook Airとなります。

ファイルコピーが瞬時に終わる新ファイルシステムAPFS

 まず注目したいのが、従来のHFS Plusと後継となる新ファイルシステムを採用したこと。これは、Apple File System(APFS)と呼ばれており、無駄な重複ファイルを発生させず、ストレージの空き容量も圧迫しない新世代のファイルシステムです。現在のMacの内蔵ストレージとして主流となりつつあるSSDや、iOSデバイスのフラッシュストレージに最適化されているのが特徴で、iPhoneやiPadではすでにiOS 10.3で導入されています。

macOS High Sierraは新ファイルシステム「Apple File System(APFS)」を採用

 ユーザーにとって最もわかりやすい変化が、ファイルコピーの超高速化でしょう。ギガバイトクラスのファイルを同一ボリューム上で複数同時にコピーしても瞬く間に終了するのに驚くはずです。

 実はこれにはカラクリがありまして、ZFSなどのファイルシステムに備わっているコピーオンライトという機能が使われています。コピーが瞬時に終わるのではなくて、コピーしているのはファイルの種別や場所などを示すメタデータだけで、ファイルの実体はコピーされないのです。

「ディスクユーティリティ」ではフォーマット時にAPFSを選べるようになっています

 でも心配は無用です。コピー元、コピー先のいずれかのデータが改変されるタイミングで初めてコピーが作られます。SSDやフラッシュストレージは同じ記憶領域に書き込める回数に限度があり、一般的には書き込みや書き換えの発生が少ないほどパフォーマンスが落ちず、ストレージとしての寿命が伸びます。APFSを採用することで、ユーザーに意識させることなく無駄な書き込みや書き換えを減らせるわけです。ファイルの実体はコピーしないので、クラッシュ時のデータ損失も最小限に抑えられますね。

 APFSには、ファイルシステムレベルでの暗号化という特徴もあります。従来のHFS Plusでも暗号化は可能でしたが後付けの機能でした。ネイティブサポートにより、より強化な堅牢性を獲得したわけです。

 スナップショット機能もAPFSの見逃せない機能でしょう。macOSにはTime Machineと呼ばれる自動バックアップ機能が備わっていますが、簡単にいうとこれまでOSが提供していたTime Machineの機能がファイルシステムレベルでサポートされるということです。これによってTime Machine利用時の処理の高速化を期待できます。

 なお、MacBookなど起動ディスクがSSDのマシンでは、macOS High Sierraにアップグレードすると自動的にHFS PlusからAPFSに変換されます。外付けのハードディスクなどはHFS Plusのままですが、「ディスクユーティリティ」を使うことでデータを消去せずにAPFSに変換可能です。一方、iMacを中心に採用されているハードディスクとSSDのハイブリッドストレージであるFusion Driveについては現在のところAPFSには対応していないようで、アップグレード時にも変換されませんし、「ディスクユーティリティ」でもいまのところ変更できないようです。

使用中のストレージはデータを消去することなく、HFS PlusからAPFSに変換可能です
APFSはmacOS Sierra以下のOSでは認識しない可能性があるので、古いOSと共用している外部ストレージのファイルシステムの変更は注意しましょう。なお、1つ前のmacOS Sierraでは開発者向けプレビューという扱いでAPFSボリュームをサポートしています

画質はそのままで容量を最大で40%縮小

 新しいビデオ圧縮技術である「HEVC」(High Efficiency Video Coding)のサポートも目玉でしょう。HEVCはH.265とも呼ばれるファイル形式で、現在普及しているH.264の後継です。HEVCの特徴は、同じ画質を保ったままでH.264に比べて最大40%の高効率でビデオを圧縮できること。HEVCは、すでにiPhone 8シリーズで、4K/60fpsやフルHD/240fpsのビデオ撮影のフォーマットに使われています。Macでは、第6世代以降のCoreプロセッサーを搭載したマシン、具体的には2016年以降にリリースされたMacの多くがハードウェアレベルの再生支援機能を備えており、CPUに大きな負荷をかけずにHEVCビデオを快適に再生可能です。

iPhone 8 Plusでは4K/60fpsの動画はHEVCで記録されます
iPhone 8 Plusで撮影したフルHDで240fpsのスローモーション動画もHEVCで記録されています

 前述したようにmacOS High Sierraは、2009年にリリースされたMacBook(Late 2009)など古いマシンでも使えるのが魅力です。一方で、HEVC(H.265)をスムーズに再生するためのハードウェア支援機能を利用できるのは第6世代以降のCoreプロセッサーを搭載したMacです。Macの買い替えタイミングを決めかねていたユーザーにとっては、HEVCの対応が強力な後押しになるでしょう。

当たり前を覆した新しい文字入力方法

 macOS High Sierraでは、英語と日本語で入力方法を切り替えるという当たり前だった操作方法を見直し、ユーザーの手間を省き、より高速かつ正確なタイピングを実現する技術も追加されています。これまで日本語入力時は「ひらがな」、英語入力時は「英字」もしくは「U.S.」への切り替えが必要でしたが、日本語の中で英単語を使う場合は文字の入力方法を切り替える必要がなくなりました。実際に使ってみると最初はちょっと戸惑いましたが、すぐにそのメリットを享受できました。これまではタイプミスとして認識されていた英字入力がそのまま認識されるので、文字の入力スピードは確実に上がるでしょう。そのほか、タイプミスを自動修正する校正機能も備わっています。

「あっpれ」で「Apple」は初歩レベルですが、「すっぽrt」で「support」などと認識してくれます

VRコンテンツに本気で対応

 WWDC 2017で発表済みですが、macOS High SierraによってアップルがMacをVRコンテンツの開発環境として本気でサポートする意気込みも伝わってきました。アップル独自の3DグラフィックAPIであるMetalを進化させてMetal 2とし、GPUをより効率的に使えるAPI群を用意。実際には、VRの開発環境のSteam VRやUnity、Unreal EngineがMeta 2に最適化することで実現します。つまり、これまでの開発環境を変えることなくMacでVRコンテンツを制作できるわけです。なおMetal 2は、VRコンテンツの開発だけでなく音声認識や自然言語処理などにも使えます。

VRに最適化したアップル独自の3DグラフィックAPIのMetal 2を、Steam VRやUnity、Unreal Engineがサポートすることにより、MacでVRコンテンツの作成が可能に
Thunderbolt 3を搭載するMacBook Proなどは、macOS High Sierraにアップデートすることで外付けのGPUボックスを利用可能になります

Safariやメール、写真などの付属ソフトも使いやすく

 macOSに付属するソフトも改良されています。Safariでは、音声が自動再生されるコンテンツが埋め込まれたページを検知して自動再生を止める機能が加わりました。これまでもFlashコンテンツの自動再生を抑制する機能が組み込まれていましたが、macOS High Sierraではユーザーが意図しないコンテンツの再生を徹底的にブロックするわけです。

音声を含むコンテンツがあるウェブサイトの自動再生を細かく設定可能です

 また、「Advanced Tracking Prevention」という仕組みによって、ウェブブラウズ中にユーザーの閲覧履歴を基にしてしつこく表示される同じジャンルの広告をシャットアウトする機能もあります。ウェブページで検索して肉の写真が掲載されているウェブページを見たあとに、肉の広告が延々と表示されることはなくなるわけです。

Cookieや閲覧履歴を基に表示される広告を遮断

 「写真」アプリでは、写真の整理、管理、編集がより簡単になっています。具体的には、サイトバーを備えた新しいUIが採用され、各種補正ツールやエフェクトが使いやすくなりました。写真の色み調整程度ならもう外部のアプリを使う必要はないでしょう。そのほかiOS 11と同様のLive Photosの編集機能も加わっています。

「写真」アプリでは、サイドバーで写真の種類や撮影地、人物などで写真を選びやすくなりました
Live Photosの編集機能も改良。ループやバウンスなどiOS 11と同様の編集が可能になります
編集モードでは、色調補正やフィルターなどがより細かく実行できます

 macOS High Sierraは、macOS向けの「App Store」から無料でダウンロード可能です。業務に使っているユーザーはアプリやプリンタードライバーの対応を待ってのインストールが常識ですが、そうでない皆さんは今すぐアップデートしてその先進的なテクノロジーの数々に触れてみてはいかがでしょうか。

お詫びと訂正:APFSの対応OSについて、macOS Sierraでは開発者プレビューの扱いで対応している旨を追記しました(10月4日20時)

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中