このページの本文へ

Corsair「RM750x White」、「RM850x White」

意外と珍しい ボディもケーブルもホワイトな電源ユニット

2017年09月23日 23時50分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Corsairから、ホワイトカラーのボディを採用する80PLUS GOLD認証電源「RMx」シリーズが発売された。750W「RM750x White」と850W「RM850x White」をラインナップする。

ホワイトカラーのボディを採用する80PLUS GOLD認証電源「RMx」シリーズ

 CORSAIRの定番電源ユニット「RMx」シリーズにホワイトモデルが加わった。本体はもちろん、フルモジュラー対応のケーブル類もホワイトで統一されている。

 冷却ファンには、耐久性と静音性を備えるライフルベアリング採用の135mmファンを搭載。負荷と温度に応じて最適なファンコントロールを行ない、低負荷時にファンを停止させることで騒音を低減する「Zero RPM Fan Mode」機能に対応。また、すべてのコンデンサーに日本メーカー製105度コンデンサーを採用する。

意外と販売されていないホワイトカラーの電源ユニット。同じくホワイトのPCケースやマザーボード、ビデオカードと組み合わせて使うのもいい

 サイズは150(W)×180(D)×86(H)mm。ホワイトカラーのPCケースやマザーボード、ビデオカードと組み合わせて使うのもいいだろう。

フルモジュラー対応のケーブル類もホワイトで統一されている

 価格は750W「RM750x White」が2万3760円、850W「RM850x White」が2万7000円。パソコンショップアークとドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中