このページの本文へ

CRYORIG「H7 V2」

RyzenユーザーはチェックしておきたいCRYORIGのCPUクーラー

2017年09月20日 23時45分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CRYORIGの人気CPUクーラー「H7」に、Socket AM4リテンションが付属する「H7 V2」が発売されている。Ryzenユーザーにオススメのモデルといえそうだ。

Socket AM4リテンションが付属する「H7 V2」。Ryzenユーザーならチェックしておこう

 従来モデル「H7」のSocket AM4対応版。サイズは123(W)×98(D)×145(H)mm、重量711g。高さを抑えたうえ、メモリースロット非干渉デザインを採用するのが特徴のサイドフロー型CPUクーラー。

CPUクーラー本体は変わらず。高さを抑えたうえ、メモリースロット非干渉デザインを採用する

 冷却ファンは120mmサイズの「QF120 PWM」で、回転数330~1600rpm、騒音値10~25dBA、最大風量49CFMというスペック。対応ソケットは、Socket AM4のほか、LGA 1156/1155/1150、Socket FM2+/FM1/AM3+/AM2+となる。

対応ソケットは、Socket AM4のほか、LGA 1156/1155/1150、Socket FM2+/FM1/AM3+/AM2+となる

 価格は5918円。オリオスペックとTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中