このページの本文へ

NVIDIA Tesla P100を1024基搭載する演算パワーを各種研究分野に活用

Preferred Networks、民間企業の計算機環境としては国内最大級のスパコンを稼働

2017年09月20日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
説明図

 Preferred Networksは9月20日、民間企業としては国内最大級のプライベート・スーパーコンピューターを9月より稼働開始したと発表した。

 NTTコミュニケーションズおよびNTT PCコミュニケーションズのマルチノード型GPUプラットフォームを採用した高速演算処理(GPU)プラットフォーム。計算ノードにはNVIDIA Tesla P100 GPUを1024基搭載する。自動運転技術や医療研究などの分野における研究開発に用いる。

 今回構築したプライベート・スーパーコンピュータを活用し、オープンソースの深層学習フレームワークChainerの高速化を進めるほか、さらに大量の計算資源を必要とする交通システム、製造業、バイオ分野などでの研究開発を加速させるとしている。また、次世代GPUであるVoltaベースのNVIDIA Tesla V100の導入も進めるとしている。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』