このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第298回

アスキースマホ総研・白書 第51回

新型iPhoneにも負けないような高性能Androidスマホおすすめ6機種

2017年09月24日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で9月12日に公開した「新型iPhoneにも負けないような高性能Androidスマホおすすめ6機種」を紹介します。
本記事は「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」発表前に公開した記事です


 iPhone 8(仮)の発表が間近に迫っていると噂されている。記事執筆時点ではまだ不明だが、現地時間9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)に発表会が予定されており、ここで公開されるだろう。現時点でも新型iPhoneの外観、スペックなどについては、各メディアから多くのウワサが報じられている。

新型iPhoneの噂まとめ

  1. 前面はほぼディスプレーに覆われホームボタンはなし
  2. 有機ELディスプレー搭載
  3. 指紋認証「Touch ID」は背面に移動
  4. 顔認証「Face ID」を搭載
  5. 背面カメラのデュアルレンズは縦方向に配置
  6. 背面前面カメラとも4K/60fps撮影が可能に
  7. ワイヤレス充電機能搭載
  8. CPUはクアッドコアのApple A11

※ASCII.jpの「Apple噂まとめ」より

 また、ドイツ・ベルリンで開催していた「IFA 2017」でも新型iPhone用のケースが展示してあったと報告があった。記事によれば、新型iPhoneのラインナップは3機種だそうだ。アスキー編集部の予想だと「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」に加え、ハイエンドモデルの「iPhone X」が登場すると踏んでいる。いずれも仮称であることと、あくまでも予想であることはご留意いただきたい。とくに名称に関しては「7s派」と「8派」があり、これに関しても気になるばかりである。ちなみに、iPhone 7は現地時間2016年9月7日(日本時間9月8日)に発表、9月9日に予約開始、そして9月16日に発売された。

 これらの噂が正しいか否かは9月12日の新型iPhoneの発表会で明らかになる。しかし、それを迎え撃つAndroidスマートフォンも今年は大豊作。新型iPhoneに匹敵、いや部分的には凌駕するであろう端末も登場してきている。新型iPhone発表目前だが、本記事では最新Androidスマートフォンの中からジャンル別に絞って、新型iPhoneに対抗しうるオススメ機種をキャリア、SIMフリー問わずに紹介しよう。

カメラ対決! LEICAレンズで綺麗、自撮りもイケル
ファーウェイ「HUAWEI P10 Plus」

ファーウェイ「HUAWEI P10 Plus」実売価格6万6000円前後

 「HUAWEI P10 Plus」最大の特徴は第2世代LEICAダブルレンズカメラPRO版を搭載したこと。このダブルレンズカメラは、1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーで構成されており、従来機種よりも明るいF1.8の SUMMILUX-Hレンズが組み合わされている。RGBセンサーで色情報を、モノクロセンサーで形状や輪郭などのディテールを取得・合成することで、LEICAクオリティーのポートレート撮影が楽しめる。

 もちろん、第2世代LEICAダブルレンズカメラPRO版には、同社のMateシリーズにも搭載されていたデジタル絞り効果によるボケ効果、ハイブリットズーム機能も実装されている。

P10 Plusに搭載されているのは第2世代LEICAダブルレンズカメラPRO版。光学式手ぶれ補正機能も組み合わされており、暗所での撮影も得意だ

 注力されているのはリアカメラだけではない。P10 Plusは前面にも「LEICAインカメラ」が採用されており、世界で初めて3つのLEICAカメラを搭載したスマートフォンだ。このインカメラは従来機種より2倍の光を取り込み可能となっており、夜間でも安定した画質でセルフィー撮影が楽しめる。

 インカメラに搭載されている機能でユニークなのが自動画角調整。セルフィー撮影時にひとりであれば画角を狭め、複数人の顔を認識すると自動的に広角撮影に切り替えてくれる。混み合った撮影ポイントでも素早くセルフィー撮影をこなせるわけだ。

P10 Plusはインカメラも「LEICAカメラ」。800万画素とインカメラとしては高画素仕様で、センサーを大型化することで従来機種より2倍の光を取り込み可能となっている

 新型iPhoneではカメラ機能がアップグレードされる可能性が高いが、P10 Plus最大の強みはLEICAと協業した絵作り。単なる画質ではなく、LEICA独特の絵作りに魅力を感じているのなら、新型iPhone発売後もP10 Plusのカメラ機能に不満を感じることはないだろう。

  HUAWEI P10 Plus
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 5.5型
画面解像度 1440×2560ドット
サイズ 約74.2×153.5×6.98mm
重量 165g
CPU Kirin 960
(2.4GHz+1.8GHz、オクタコア)
メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
OS Android 7.0
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/29/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19、4バンドGSM
カメラ画素数 リア:12メガ+20メガ/イン:8メガ
防水/防塵 ×/×
実売価格 6万6000円前後

 続きは「新型iPhoneにも負けないような高性能Androidスマホおすすめ6機種」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1148(2017年10月17日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1147(2017年10月10日発行)

  • 週刊アスキー No.1146(2017年10月3日発行)

  • 週刊アスキー No.1145(2017年9月26日発売)

  • 週刊アスキー『2017 秋の超お買物特大号』-新iPhone大特集

  • 週刊アスキー No.1144(2017年9月19日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事