このページの本文へ

ブラウザーテストが捗る!Node.jsで使えるヘッドレスChromeが便利すぎる

2017年09月14日 18時01分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google Chromeにヘッドレスモードが実装され、コマンドラインやNode.jsからChromeを操作できるようになりました。ユーザー行動をシミュレーションしてテストする方法を解説します。

Webサイトに変更を加えるとき、ユーザーの取りうる行動を繰り返し試して、一貫したユーザー体験を実現できているか確認します。一貫性を保ちながら手軽に試すために、スクリプトで自動化するライブラリーを使って前提条件の表明(アサーション)を確認したり、結果をもとにドキュメントを整備したりします。ヘッドレスブラウザー(headless、GUIを持たないこと)とは、サイト上でのユーザーが取る行動をスクリプトで実行し、実行結果も保存できる、テスト向けのコマンドラインツールです。

開発者の多くはヘッドレスブラウザーに長年、PhantomJSCasperJSなどのツールを使用してきました。しかし、恋と同じように、私たちの心は別のものへと移ります。Chrome 59から(Windows版は60から)、独自のヘッドレスブラウザーが付きました。現在はまだSeleniumをサポートしていませんが、ChromiumとBlinkレンダリングエンジンを採用しているので、実際のChromeユーザーのシミュレーションできます。

本記事のコードはすべてGitHubリポジトリにあります。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く