このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

iPhoneが格安スマホに変身!? 安心と信頼の格安SIM「OCN モバイル ONE」

2017年09月29日 13時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 6sユーザーが2年縛りの解約金なしで
格安SIMに移行できる絶好のチャンスが到来

 iPhone 8シリーズ発売で話題沸騰中の現在、多くのiPhoneユーザーにとって同じぐらい大きなトピックがある。それは「iPhone 6s」を発売日に購入したユーザーの2年縛りが解けるタイミングが到来したこと。キャリア版のiPhone 6sシリーズはSIMロックが解除できる初めてのiPhoneで、どのキャリアのiPhone 6sでもSIMロックを解除すればMVNOの格安SIMが利用できる。

 iPhone 6sシリーズを2015年の9月25日あたりに購入したのであれば、毎月の端末の分割支払いと購入サポート(割引)も終わり、2017年10~11月にキャリア契約の更新月を迎えることになる。つまり、10~11月の2ヵ月間は格安SIMに乗り換えても違約金が発生せず、手元のiPhoneを格安スマホに変身させる千載一遇のチャンス!

 iPhone 8のワイヤレス充電機能も魅力的だが、iPhone 6sだってまだまだ現役。それならば回線を格安SIMに乗り換えて、月額料金を大幅に削減してみてはいかがだろう? たとえば「OCN モバイル ONE」なら、音声対応SIMを月額基本料1600円(税抜)から利用できる。つまり、スマホにかかる出費を半額以下に節約できるわけだ。

格安SIMに乗り換えてだいじょうぶ?
そんな不安をQ&Aで解消!

 さて、“格安SIM”というとサービスや使い勝手がキャリアと差があると考える方もいるかもしれない。しかし、最近では多くの家電量販店や携帯電話ショップなどで即日契約が可能となっており、利用開始までの敷居が格段に下がっている。また、いったん格安SIMに乗り換えてしまえばキャリアと同じ感覚で使えるし、キャリアにはないきめ細かなプランを利用できるのだ。

【Q】格安SIMカードは通信エリアが狭いの?
【A】ドコモとまったく同じでWi-Fiアクセスポイントも多数

 OCN モバイル ONEは、ドコモと同じネットワーク(基地局、通信網)で運用されているため、通信エリアはドコモとまったく同じ。もちろん音声通話やインターネットも利用できる。さらに全国8万6000ヵ所のWi-Fiアクセスポイントも利用可能。スターバックスやタリーズ、プロント、ロッテリア、セブン-イレブン、ローソン、イトーヨーカドーといった施設内で、通信量を消費せずに動画鑑賞などを楽しめる。

ドコモとOCN モバイル ONEは同じネットワークで運用されているので、サービスエリアはまったく同じだ
おなじみの喫茶店、コンビニ、スーパーなどで高速なWi-Fiスポットを利用できる

【Q】通話定額はあるの?
【A】用途に合わせた通話定額オプションを複数用意

 OCN モバイル ONEにはキャリアよりきめ細かな通話定額オプションが用意されている。通話定額オプションは「OCNでんわアプリ」を使うことで利用可能で、プランは1回10分以内の通話定額の「10分かけ放題」、特定の相手との長電話をよくする人向けの「トップ3かけ放題」、「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」を組み合わせた「かけ放題ダブル」の3つが選べる。

【Q】毎月すぐにパケット上限に達しちゃうんだけど……
【A】毎日リセットされる日次と大容量の月次プランが選べる

 OCN モバイル ONEの110MB/日、170MB/日の日単位プランなら合計通信量が毎日リセットされるので、通信制限を意識せず利用可能だ。たとえ1日の基本通信容量を使い切っても、ウェブブラウザやSNSのチェック、乗換案内アプリの利用程度なら200kbps通信でも十分。動画を見たり、大容量データをやり取りする機会が多いなら、3GB/月、6GB/月、10GB/月、20GB/月、30GB/月、500kbps(15GB/月)などの月次プランを選ぼう。

OCN モバイル ONEは音声対応SIMを月額基本料1600円(税抜)から利用できる。ちなみに、利用開始月はどのコースでも無料だ

【Q】手厚いサポートやセキュリティー対策がないと不安……
【A】利用中のiPhoneにも補償がつけられる!

 サポートやセキュリティー対策は格安SIMの弱点とされてきたが、OCN モバイル ONEは例外。まず、端末の修理代金をサポートしてくれるのが「あんしん補償」。月額500円(税込540円)で、偶発事故による修理・交換代金を上限5万円まで補償してくれる。さらに、持ち込み端末(利用中のiPhone)でも補償が受けられるのもうれしい。OCN モバイル ONE契約中ならいつでも申し込み可能で、いざというときの修理・交換代金が不安な人ほど加入しておくべきサービスだ。

iPhone 6sは防水非対応。水濡れ事故による故障をサポートしてくれる「あんしん補償」は心強いサービスだ

 セキュリティー対策をサポートしてくれるのが、月額費用640円(税込691円)で提供されている「あんしんモバイルパック」。スマホの基本設定や活用術を、電話でアドバイスしてくれたり、リモートサポートでオペレーターがユーザーに代わって操作・設定してくれる。両親などから格安SIMカードへの乗り換えについて尋ねられたら、「あんしんモバイルパック」への加入を強く勧めたい。

【Q】キャリア契約にあって格安SIMにないポイントは?
【A】キャリアメールが使えないためメールを移行しよう

 格安SIMに移行して利用できなくなるのはキャリアメール。キャリアメールを利用中のユーザーはGmailやYahoo!メールなどのフリーメールサービスへの乗り換えがオススメ。キャリアメールに代わるメールアドレスとして設定しておけば、さまざまなネットサービス加入時に重宝するはずだ。OCN モバイル ONEはOCNメールがついてくるので、こちらも活用できそうだ。

フリーメールサービスの代表格はやはりGmail。標準設定で迷惑メールフィルタリング機能やウイルスチェック機能を利用できる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART