このページの本文へ

auの新iPhoneは4波キャリアアグリゲーション+256QAMで下り最大558Mbps対応

2017年09月13日 16時15分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、2.5GHz帯(WiMAX 2+)の2つの周波数と、3.5GHz帯(TD-LTE)の2つの周波数、合わせて4つの周波数を組み合わせる4波キャリアアグリゲーション(4CC CA)のネットワークを東名阪の一部エリアで開始したことを発表した。ここに多値変調方式の256QAMを組み合わせることで、下り最大558Mbpsの通信速度を実現する。

 対応端末は発表されたばかりの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が最初となる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中