このページの本文へ

がん免疫細胞を大量生産 新遺伝子療法の リスクとチャンス

Emily Mullin

2017年09月12日 11時06分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

患者自身の免疫細胞を遺伝子操作するがん治療法が米国で初めて認可されたが、莫大な費用がかかるうえ、患者の状態によっては適用できない場合もある。そこで、健康なドナーから提供された免疫細胞を遺伝子操作して患者の治療に使う方法が注目されている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ