このページの本文へ

連休中に製品を買うとお得なキャンペーンも実施

ドスパラ大阪なんば店で8型Winタブレット「raytrektab」のライブドローイング

2017年09月11日 18時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラは9月11日、ドスパラ大阪なんば店店頭にて、4096階調の筆圧感知ペン付き8インチWindowsタブレット「raytrektab」を用いたトーク&ライブドローイングイベントを開催すると発表した。開催日時は9月16日12時から。

 raytrektabはWindows 10 Homeを搭載し、普段PCで使用しているアプリをインストールして使えるタブレットで、出先で膨らんだイメージやらくがきなどを書き留めておくのに最適としている。

 また付属のペンはWacom feel IT technologiesを採用しており、4096階調の精細な筆圧感知と早いレスポンスで、滑らかな書き心地を実現。ペン先は標準芯のほかに、フェルト製とエラストマー製の替芯が付属する。

 ライブドローイングを実演するゲストは、超リアルな「カルビ丼」のイラストなどがSNSで話題のフリーイラストレーター、斉藤 幸延氏。

 raytrektabを用いてスケッチをし、自分の目で見たものを線で描くときのコツやraytrektabの使用感を紹介するという。また、司会者には製品の開発者が登壇し、製品について解説する。

 さらにイベント開催を記念し、9月16・17・18の3連休にドスパラなんば店でraytrektabを購入した人に、5本入り替芯2種、合計2000円分をプレゼントするという。イベントの詳細は以下のとおり。

「raytrektabでスケッチしよう、ライブドローイングイベント」 開催概要

開催場所
 ドスパラ大阪なんば店 1階特設ステージ
 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目6-22 布谷ビル1F~4F
開催日時
 9月16日(土)
トークセッションスケジュール
 12:00~ トークセッション&ライブドローイング 1回目
 15:00~ トークセッション&ライブドローイング 2回目
※1回目、2回目ともに内容は同じ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ