このページの本文へ

レーザー光源&50万円台で買える4Kプロジェクターがソニーから登場

2017年09月11日 14時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VPL-VW745」
「VPL-VW745」

 ソニーは9月11日、4Kホームプロジェクター2製品を発表した。レーザー光源を採用した「VPL-VW745」(税抜の希望小売価格は170万円)と、コストパフォーマンス追求型の4Kモデル「VPL-VW245」(同55万円)で、発売日はVW745が12月9日、VW245が10月21日となる。

 レーザー光源の採用によりランプ交換を約2万時間する必要がないというVW745。一方で、奥行きが496mmで従来機種のレーザー光源モデルよりも約40%小型化を実現している。

 明るさは2000ルーメンで、4K HDR信号に対応。映像をなめらかに表示する「4Kモーションフロー」も搭載する。このほか、入力信号の詳細を表示する機能も追加されている。

「VPL-VW245」。ブラックとホワイトを用意

 VW245は55万円という価格ながら4K HDR信号に対応したプロジェクター。搭載する2つのHDMI端子は両方ともHDCP 2.2に対応した。光源は水銀ランプで明るさは1500ルーメンとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART