このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第314回

PCがウェブカメラを搭載していなくても「顔認識」を設定できる

Windows Helloに「視線追跡デバイス」でサインインできる

2017年09月10日 15時15分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

まずは「Tobii Eye Tracker 4C」をセットアップする

監視報告
Windows Helloに視線追跡デバイスでサインインできる

 「第307回 Windows 10の「視線追跡操作」は想像以上に快適」で紹介した、視線追跡デバイス「Tobii Eye Tracker 4C」だが、Windows 10のWindows Helloにも対応している。「第185回 Windows 10 Hello対応のウェブカメラってどうなの?で、マウスコンピュータの顔認証カメラ「CM01」を紹介したが、同じように使えるというのだ。

Windowsの設定から「アカウント」→「サインインオプション」を開く
「顔認証」のセットアップを開始する

 もちろんTobii Eye Tracker 4Cはウェブカメラではないのだが、視線を検知するためのカメラは搭載している。そのカメラを利用して、Windows Helloでの顔認証サインインを利用できるというわけ。

目を認識させる。ちなみに、画像のように目が切れていても顔をちょっと動かせば認識した
眼鏡をかけている人などは「精度を高める」で、裸眼を登録しておいてもいい

 Windows Helloに対応したカメラを持っていなかったり、クラッキングされて意図しない映像が配信されてしまうのは嫌だ、と言う人は視線追跡デバイスで顔認証するのもいいだろう。筆者も、デスクトップPCにはカメラを付けていないし、普通のノートPCのウェブカメラにはシールを貼っている。Tobii Eye Tracker 4Cでサインインできるのは確かにありがたい。

設定完了。「ユーザーの顔を認識したら自動的にロック画面を閉じる」をオンにしておくと手間が省ける

 設定は、特に迷うことはない。ウェブカメラは搭載されていないことになっているのに、Windows Helloの設定の項目が有効になっているのだ。Tobii Eye Tracker 4Cを通常の手順でセットアップした後に、Windows 10の設定でWindows Helloの「顔認識」をセットアップすればいい。

これでズバッと解決!

 「Tobii Eye Tracker 4C」をセットアップすると、ウェブカメラを搭載していなくても「Windows Hello」の「顔認識」を設定できるようになる。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン