このページの本文へ

迅速な構築が可能なIBM Cloudのフル・マネージド・サービス

日本IBM、業界を横断するブロックチェーン・ネットワークプラットフォームを発表

2017年09月08日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本IBMのブロックチェーン

 日本IBMは9月7日、複数の企業や団体でブロックチェーン・ネットワークを迅速に構築できるプラットフォーム・サービス「IBM Blockchain Platform」の国内提供を発表。10月より開始する。

 Linux Foundationが提唱するブロックチェーンのフレームワークHyperledger Fabric 1.0を基盤として採用するIBM Cloudのフル・マネージド・サービス。IBM Blockchainのベータ版に実装された「分散台帳」、「スマート・コントラクト」、「合意形成」、「暗号技術」の機能に加えて、ブロックチェーンを活用するアイデアをすぐ形にできるアプリケーション開発環境「Hyperledger Composer」、コンソーシアム型のブロックチェーン・ネットワークの形成と運営を支援するツール群、IBM Cloud経由で本番利用に求められるシステム性能と高度なセキュリティーを提供する。

 コンピュート・インスタンスなどを選択できる3種類のプランが用意され、実証実験向け「エントリー・プラン」、本番業務向け「エンタープライズ・プラン」、セキュリティーや性能要件が厳格な業界向け「エンタープライズ・プラス・プラン」がIBMがクラウド経由で提供される。

 エントリー・プランでは1時間あたり52.5円より、エンタープライズ・プランでは月額30万円より。エンタープライズ・プラス・プランは専有環境による最高レベルのセキュリティーとシステム性能を提供する規制産業向け(年内提供予定)。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』