このページの本文へ

SteelSeries「Rival 310」、「Sensei 310」

SteelSeriesから新型マウス「Rival 310」と「Sensei 310」が発売

2017年09月07日 23時44分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SteelSeriesから、新型センサーを搭載したゲーミングマウス「Rival 310」と「Sensei 310」が発売された。似たようなスペックをもつ両製品だが、外観デザインは大きく異なる。

新型の光学式センサー「TrueMove3」を搭載したゲーミングマウス「Rival 310」と「Sensei 310」

 いずれも、PixArt社が共同開発した新型の光学式センサー「TrueMove3」を搭載するゲーミングマウスの新モデル。解像度100~12000CPI(100CPI刻み)、最大トラッキング速度350IPS、最大加速度50G、メインスイッチはオムロン製スイッチ。100~3500CPI時は、実際のマウス移動量とマウスカーソルの移動量がまったく同じになる1:1トラッキングを可能にしているのも特徴だ。

右利き用エルゴノミックデザインでボタン数6個のゲーミングマウス「Rival 310」

 そのほか、32bit ARMプロセッサーや、内部メモリーを搭載。設定用の無料ソフト「SteelSeries Engine3」にも対応し、センサーやボタン、イルミネーションの設定やカスタムが可能。

軽量化も大きなポイントの新モデル「Rival 310」

 「Rival 310」は、右利き用エルゴノミックデザインでボタン数6個のゲーミングマウス。本体サイドにはシリコン製グリップ装備し、サイズは127.6×62.07×41.98mm、重さ88.3g。左右対称デザインの「Sensei 310」はボタン数8個。「スプリット-トリガーボタン」という独自のセパレート式ボタンを採用している。サイズは125.1×61.77×38.95mm、重さ92.1g。

左右対称デザインの「Sensei 310」はボタン数8個
PixArt社が共同開発した新型の光学式センサー「TrueMove3」を搭載する

 価格は、どちらも8262円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中