このページの本文へ

デル、外勤ユーザー向けのセキュアなモバイルシンククライアント

2017年09月05日 20時20分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは、データに対する完全なセキュリティーと制御を必要とする外勤ユーザー向けの「Latitude 5280モバイルシンクライアント」を発表した。価格は16万5240円。

 AIと機械学習を利用してすべてのWindowsシンクライアント上でランサムウェアやゼロデイ脅威などのマルウェアをプロアクティブに防止する脅威防御ソリューションDell Threat Defenseを追加可能。

 デバイスの管理には、リモート構成とポリシー管理を直感的な単一コンソールで提供するオンプレミス/クラウドベースのWyse Device Manager(WDM)またはWyse Management Suite(WMS)を利用できるという。

 またWindows 10 IOT Enterpriseをベースにしているため、広範なアプリケーションと周辺機器に対応しており、日常的な業務をシームレスに完了できるとしている。

 スペックは以下のとおり。

New Latitude 5280 モバイルシンクライアント
OSWindows 10 IoT Enterprise
CPUCore i5-7300U
メモリー8GB
ストレージ128GB SSD
ディスプレー12型 FHD
インターフェースUSB 3.1×2、HDMI、DisplayPort over USB Type-C、、Gbps RJ45 NIC、スマートカードスロット、オーディオ/マイク、VGA
通信NICWiFi 802.11 a/b/g/n/acデュアルバンド、Bluetooth 4.1、10/100/1000 Mbpsイーサネット
本体サイズ幅305.15×奥行き211.3×高さ21.4mm
重量1.36kg

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー