このページの本文へ

誰もがそれぞれに映画を楽しめるためのバリアフリー上映

スマートグラス「MOVERIO」が映画館向け聴覚障がい者⽤字幕配信に採⽤

2017年09月05日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
利用イメージ

 エプソン販売は9月5日、同社のスマートグラス「MOVERIO」が映画館向け聴覚障がい者⽤字幕配信サービスに採⽤されたと発表した。9月9日から公開される「三度目の殺人」(東宝配給)において全国4劇場で貸し出しを行なう。

 バリアフリー上映の普及に向けて映画業界全体で進めてきた取り組みで、字幕表示アプリ「UDCast」の開発運営を行なうPlabra、音響通信ソリューション「Another Track」を開発したエヴィクサーとの3社協力によるもの。

MOVERIO「BT-350」

 実施される映画館は立川シネマシティ(東京都立川市)、チネチッタ(神奈川県川崎市)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知県名古屋市)、大阪ステーションシティシネマ(大阪府大阪市)。

カテゴリートップへ

『MOVERIO BT-300』のすべてを紹介!