このページの本文へ

鉄板&今が旬なパーツを性能検証!! ― 第14回

【鉄板&旬パーツ】Ryzen 7 1700と相性バッチリの鉄板CPUクーラー「虎徹 Mark2」

2017年09月10日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

虎徹 Mark2

120mmファンを備えるサイドフロータイプの「虎徹 Mark2」
本体サイズは130(W)×83(D)×154(H)mmで、ヒートシンクは多重エアフロー透過構造(M.A.P.S)を採用する
ヒートパイプは6mm径×4本を備え、受熱ベースプレートは銅製でニッケルメッキ処理されている標準でブリッジ金具がベースプレートに固定されており、従来品と比べて取り付けが簡単になっている
120mm PWMファンはサイズ「KAZE FLEX」を採用。最大回転数1200rpmの静音仕様で、四隅には防振ラバーを装備

純正クーラーと虎徹 Mark2で比較検証

 「Ryzen 7 1700」で、組んだテストPCに「虎徹 Mark2」と「Wraith Spire LED」を取り付け。定番ベンチマークの「CINEBENCH R15.038」、「3DMark」のプリセット「Fire Strike」。ストレステスト「OCCT 4.5.1」の「CPU:OCCT」(30分)、さらに、すべてのコアを3.6GHzにオーバークロック動作させた状態で「CPU:OCCT」(30分)を実行。

 各テスト中の最大CPU温度やファン回転数を、モニタリングツールの「HWiNFO」で記録した。なお、騒音値は高負荷状態になる「CPU:OCCT」実行時で計測している。

テスト環境
CPU AMD「Ryzen 7 1700」(3GHz/ターボコア時3.7GHz、8コア/16スレッド)
マザーボード ASUS「ROG CROSSHAIR VI HERO」(AMD X370)
メモリー CORSAIR「CMK16GX4M2B3000C15」(PC4-24000、8GB×2)
SSD SanDisk「SSD Extreme PRO 240GB」(SATA3、240GB)
グラフィックス NVIDIA「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」
電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD)
OS Windows 10 Pro(64bit)
テストに使用したのは、X370採用のASUS「ROG CROSSHAIR VI HERO」。ファンコントロールは標準の「Standard」でテストしている

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中