このページの本文へ

女子社員が見ているのは、あなたのスーツとネクタイだけではない

2017年09月03日 06時00分更新

文● 吉永麻桔(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いかに仕事をスムーズに進めていくか。キーワードはいろいろあるが、男性サラリーマンにとって特に重要なのが、女子社員とのコミュニケーション。彼女たちと職場で上手くやっていけるかどうかが、あなたの会社生活を左右するといっても過言ではない。彼女たちはあなたの仕事ぶりだけでなく、身のまわりのことまで実によく見ている。「○○さん、仕事はできるけど、ちょっとがっかり…」なんて言われないように、彼女たちがどこをチェックしているのか紹介していきたい。(取材・文/フリーライター 吉永麻桔)

女子がチェックしているのは
スーツとネクタイだけじゃない

「ちょっと私のガッカリ体験、聞いてくださいよ~」

 後輩の女子社員B子がボヤきながらやってきた。話を聞いてみると、かなり考えさせられる内容だった。

 彼女が所属する課のAさん。40代前半で課のリーダーとして若手を指導する存在だ。仕事の知識が豊富でB子も一目置いており、見た目も爽やかでおしゃれ。スーツやネクタイのセンスも抜群だ。

 ある日、外出しているAさんから電話を受けたB子。確認したいことがあるから書類を見てほしいとの指示でAさんのデスクへ行ったところ、あまりの散らかり具合にびっくり。山のように積まれた書類や本の中から目的の書類を見つけることができない。Aさんの許可を得てデスクの引き出しを開けて愕然。なんと会社で配られたおみやげのお菓子が、無造作に入れられていたのだ。中には「いったい、いつのお菓子?」と思う怪しげなものも…。B子は何も見なかったことにして、静かに引き出しを閉めたのだった。

 ガッカリ感が大きいB子はさらに続ける。

「いくらスーツやネクタイに気を遣っていても、デスクの上や引き出しの中があんなにだらしないと一気に評価が下がりますよ!」

 目的の書類も30分ほどかけて探し、ようやく見つけたようだ。「Aさんにはガッカリするし、余計なことに時間を費やすはめになって、ほんとに損した気分ですよ」とB子はため息まじりに嘆いた。

意外に多い、書類を積み上げて
満足する男性社員

 B子の話を聞いてから、男性社員のデスクまわりをチェックしてみた。「書類積み上げ雑然派」が意外に多いことを発見。さらにそういう人たちの仕事ぶりをチェックした。

 例えば経理のCさん。取引先から指定の入金がないと連絡がありCさんに確認をしたところ、山のように積まれた書類の中から請求書が出てきた。そんなところに請求書が紛れ込んでいれば、処理が漏れるのは当たり前だ。取引先からさんざん嫌味を言われたため「この書類、片付けたほうがいいのでは?」とかなりキツきつい口調でCさんに言ってみた。すると「いや、大丈夫。どこに何があるか、ちゃんとわかっているから」とCさんは涼しい顔で言ってのけるではないか。「わかってないから、支払いが漏れたんでしょ!」と心の中で悪態をつくのが精一杯だった。

雑然とした環境では
仕事の効率も一気にダウン

 もうひとりが直属の上司だったDさん。部署が契約書を扱う管理部門なので、書類の数もかなりのものだ。年末に大掃除をしたのだが、あるキャビネットだけが全く片付かない。そこはDさんが占領しているエリアだ。日頃から「あのキャビネットが空けば、よく使う書類が保管できて効率がいいのに…」と思っていたので「このキャビネットの書類、ずいぶん古い文書なので、処分してもいいですか?」と聞いてみた。

 するとDさんは「ダメダメ!いつか見るかもしれないから」と血相を変えて飛んできた。いつか見るって…どう見てもほこりをかぶった文書はここ数年、使用されているとは思えなかった。日頃使う書類は結局遠くのキャビネットに入れるしかなく、仕事の効率が一気に下がったことは言うまでもない。

整理整頓ができていない男性は
すべてがルーズだと思われる

  先ほどのB子の話に戻るが、続けてこんな話もしていた。

「よく考えたら、Aさんって仕事の知識は豊富だけど、ルーズなところがあるんですよね。期日までに提出しなければいけない書類とか、よく人事に督促されているし。今回のことで妙に納得ですよ」。身のまわりがきちんと整理整頓できていない男性は、すべてにおいてルーズな人だと判断されてしまうし、実際にそういう人が多いようだ。総務の女子社員がオフィスの冷蔵庫を掃除していたときに、飲みかけのペットボトルを入れっぱなしにしていた男性社員を叱り飛ばしていたが、彼らはデスクまわりもひどいものだった。

 あなたの身のまわりはどうだろうか。「書類を積み上げていたほうが、仕事をしている雰囲気が出る」「自分がどこに何があるか把握していれば十分」と思っていないだろうか。中堅社員になれば、部下に仕事を依頼することもあるだろう。先ほどのB子のように書類を探しまわるのは、とても大きな時間のロスになるし、何より整頓できていないデスクはあまり気持ちのいいものではない。女子社員はスーツやネクタイだけでなく、身のまわりもきっちりチェックしていることを忘れてはいけない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ