このページの本文へ

保育所に入れない子供と親をなくすAI技術

富士通研究所、AIを用いた最適な保育所入所選考マッチング技術

2017年09月01日 19時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ルールを用いた入所判定(割り当て3が最適解)

 富士通研究所は8月30日、九州大学などと共同でAIを用いた保育所入所選考のマッチング技術を開発したと発表した。

 保育所入所の選考業務は、自治体ごとに決めている申請者の優先順位、兄弟姉妹の同一保育所入所希望などの複雑な条件を元に、申請者の希望ができる限りかなうような最適な割当が行なわれている。申請者全員が不満を持たない割当を自動化することは困難なほか、人手による割当選考は数日から数週間という時間を要すなど問題が多かった。

 富士通研究所、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、富士通ソーシャル数理共同研究部門、富士通などは共同で、複雑な希望条件の依存関係をゲーム理論的にモデル化。優先順位に沿って全員が可能な限り高い希望をかなえられる割当を見つけるようにした。さいたま市の申請者およそ8000人分の匿名化データを用いて検証したところ、わずか数秒で最適な選考結果を算出したという。

 富士通では、自治体向け保育業務支援システム「MICJET MISALIO(ミックジェット ミサリオ)子ども・子育て支援」のオプションサービスとして、2017年度中に提供すると共に、富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」のひとつとして様々なマッチング問題への適用を目指すとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』