このページの本文へ

赤色LEDで光る、スチール外装のメカニカルキーボードが登場

2017年09月01日 14時00分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Kingston Technologyは9月1日、高性能デバイス向けブランド“HyperX”向けに、Cherry MXスイッチを採用するメカニカルキーボード「HyperX Alloy Elite」を発表した。価格は1万4980円で、9月21日から発売する。

 外装にはスチール製フレームを採用し、6種類の発光パターンに対応する赤色LEDを搭載する。キーボードはCherry MXスイッチの赤軸、青軸、茶軸の3つのモデルが用意されており、ユーザーはプレイスタイルに応じたモデル選びが可能とのこと。

 また、複数キー入力時の信号認識不良を防ぐ「アンチゴースト」や、任意の同時入力キー数を設定できる「Nキーロールオーバー」機能に対応している。接続インターフェースはUSB 2.0。本体サイズは幅444.0×奥行き226.8×高さ36.3mmで、重量はおよそ1467g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン