このページの本文へ

Razer「BlackWidow Chroma V2 Yellow Switch」

Razer版高速スイッチ“Yellow”採用のゲーミングキーボードがデビュー

2017年08月31日 23時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerからオリジナル高速スイッチ「Razer Yellow Switch」を採用するゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2 Yellow Switch」が登場、31日から販売がスタートした。

オリジナル高速スイッチ「Razer Yellow Switch」を採用するゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2 Yellow Switch」

 この製品は、リニア&サイレントをうたう「Razer Yellow Switch」を採用する日本語配列ゲーミングキーボード。FPS、MOBAなど高速入力が必要なゲームプレイヤー向けに開発されたスイッチで、キーストローク3.5mm、アクチュエーションポイント1.2mm、押下圧は45gというスペックだ。

「Blackwidow Chroma V2」のバリエーションモデルという位置づけ。定評のある特別設計エルゴノミックリストレストが付属する

 そのほか、入力遅延を低減する「Instant Trigger Technology(ITT)」機能を搭載。最大10キーの同時押しとアンチゴーストに対応するほか、ポーリングレートは最大1000Hz、全キーの機能割り当ておよびマクロ登録といったカスタマイズができる。

キーストローク3.5mm、アクチュエーションポイント1.2mm、押下圧は45gというスペックはCherry MX Speedと似たもの

 本体サイズは475(W)×171(W)×39(D)mm、重量1500g。専用ソフト「Razer Synapse」で制御できる1680万色のRazer Chromaバックライトをサポートするほか、単品では入手できないエルゴノミックリストレストが付属する。

 価格は2万2356円。パソコンショップアーク、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中