このページの本文へ

IFA 2017レポート第3回

ついに一般人も買える! シャープが100万円の8K液晶テレビを年末発売

2017年08月31日 19時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AQUOS 8K LC-70X500」
「AQUOS 8K LC-70X500」

 シャープは8月31日、8K解像度の液晶テレビ「AQUOS 8K LC-70X500」を発表した。コンシューマー向け市場に投入される初めての8Kテレビで、12月1日発売予定。税別の予想実売価格は100万円。

見た目は普通の70V型テレビ
見た目は普通の70V型テレビ
ディスプレー部の厚みは9.2cm。業務向けディスプレーより薄い印象背面端子。8Kの外部入力はHDMI4本を使用。HLGやPQといったHDR信号にも対応する

 画面サイズは70V型で7680×4320ドットの液晶パネルを搭載。地上/BS/CSデジタルチューナーを内蔵しており、現行のデジタル放送や4Kコンテンツなどをアップコンバートして8K解像度で表示できる。

 広色域技術の「リッチカラーテクノロジープロ」や、LEDの部分駆動技術「メガコントラスト」といった、従来の同社テレビの技術も盛り込まれている。

 2018年12月に開始予定の8K実用放送については、本機だけでは受信できず、別途チューナーが必要となる。チューナーについては2018年の年末に製品化する予定で、これを接続することで8K放送が視聴できる。

 100万円という価格は高いように思えるが、今年4月に発表した業務向け8Kディスプレーが800万円だったことを考えれば低価格と言える。

世界4ヵ所で同時発表 世界4ヵ所で同時発表

 この8Kテレビは世界4ヵ所(日本、中国、台湾、ドイツ)での同時発表となり、特に台湾では同時刻での発表となった。また、生産については中国向けは中国で、日本や台湾向けは日本で生産を行なうという。

 また、同社はワールドワイドの大型テレビについて、2020年までに半分は8Kテレビにする、という目標を掲げた。

同社取締役の西山博一氏 同社取締役の西山博一氏

 同社取締役で8Kエコシステム戦略推進室長の西山博一氏は、8Kについて「放送分野に限らず、違う分野での用途」への期待も示し、医療分野や教育、セキュリティー、通信(5G)などの分野で「8Kを中心に新しい価値を見出す」と意気込みを語った。

2018年年末に向けて8Kテレビをどんどん製品化していくとのこと 2018年年末に向けて8Kテレビをどんどん製品化していくとのこと

 また、今後は60V型や65V型、80V型といった8Kテレビのサイズラインナップを次々と製品化していくとし、「産業全体の起爆剤になれば」と期待を示した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART