このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「攻め」の働き方改革~やらされるなんてまっぴら、自分のやりたいことをやる

働き方変革って誰のためのもの?

このままでいいやという人へ、働き方変革は自分流を探すこと

2017年09月04日 09時00分更新

文● 平山 信彦(内田洋行 知的生産性研究所所長)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近、「働き方変革」「働き方改革」という言葉をよく聞くようになりました。多くの企業が働き方変革に取り組もうとしています。でも、肝心のオフィスワーカーの中で、働き方変革って本当に自分に関係があることだと思っている人は、どのくらいいるのでしょう。

 「別の今のままでいいんだけど」「会社はワークスタイルを変えるんだって張り切っているけど、なんか面倒くさそうだな」などと考えている人のほうが多いのではないでしょうか。

 そう感じてしまうのも無理はないかもしれません。

働き方改革は「働かせ方改革」なんじゃないの?

 メディアやセミナーなどで語られる働き方変革は、「業務の生産性向上」であり、「組織風土の活性化」であり、やはり企業目線の文脈がほとんどです。企業のメリットは解るけど、当の本人であるワーカーのメリットが今ひとつ解りにくいということではないでしょうか。

 もちろん、自分が勤めている会社の生産性が上がったり、風土が良くなったりすることは悪いことではありません。でも、そのために苦労して働き方を変えるのはちょっと…というのが、多くの社員の偽らざる気持ちかも知れません。

 私はコンサルタントですので、ほとんどの場合、クライアントは企業の経営者や経営の立場でプロジェクトを担当している人たちです。従って当然ながら、企業の経営をより良くするためのアドバイスをしたり、いろいろな手法を提供したりするのですが、その際必ず提案することが、経営のメリットだけではなく社員の嬉しさをしっかり考えましょうということです。

 何も社員の味方を気取っている訳ではありません。社員がメリットを感じないと、なかなか変革が進まず、結局経営者が狙っていた成果が得られないからです。

 働き方変革の主役は、一人ひとりのオフィスワーカーです。その主役が、ぜひ変えたい、変えたら楽しそうだと思わないと変革なんて起きる訳がない。こんな当たり前のことをあまり考えずに、まるでブームのように働き方、働き方と言っているのはどうかと思います。

前へ 1 2 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ