このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第162回

ミント味のホイップクリームがツボ

セブンの「もちとろ チョコミント」ミント好きも驚く清涼感

2017年08月30日 18時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミントをうっかり隅に植えてしまったばかりに家庭菜園のあちこちから生えてきているような勢いで、チョコミントが流行していますね。お世話になっております。アスキー編集部きってのチョコミント好き、モーダル小嶋でございます。

今回食べるのはセブン-イレブンの「もちとろ チョコミント」です。8月29日から全国のセブン-イレブンで発売されており、価格は100円です。

もちとろ チョコミント
手のひらサイズですね
外見は小さな豆大福っぽい

 セブン-イレブンは同じく29日、コールド・ストーン・クリーマリーと共同開発した「コールド・ストーン・クリーマリー プレミアムアイスクリームバー ミンティ ミント チョコクランチ」を発売しています。

 今年はかき氷シリーズとして「チョコミント氷」もヒットしましたし、セブン-イレブンはチョコミントを愛するコンビニなんだと、そういうことが判明してきているわけですね、はい。チョコミント好きとして大いに応援したいところです。

 さて、もちとろ チョコミントは、セブン‐イレブンで初めてという、チョコミント味の和洋折衷スイーツ。外側はもち生地で、中にはミント風味ホイップクリームとチョコチップが入っています。

手だとちょっと食べにくい

 さっそく食べました。びっくりするほどチョコミントです。とにかくクリーム、ミントホイップですね。ミントの味が濃いのです。とにかく味も香りもしっかりというか、どっしりとミント。

 さらにチョコチップの味わいもある。「うわー、チョコミントを食べている!」という充実があります。チョコミント味の大福といえば概ね当たっているでしょう。

 ただ、食べにくい。「ホイップクリームを餅で包んだ」ようなお菓子なので、一回かぶりついたら手で持つことはかなり難しくなります。

断面はかなりチョコミント感ありますよね

 ところが、チョコミントが好きだけれども、これに関してはどうかなと異を唱える人がいる。編集部のヤング・フレッシュ(26歳)、サンキュー鈴木です。もちとろ チョコミントを見て「見た目がウタマロ石鹸みたいですね」と言い放つ男です。

編集部のヤング・フレッシュ(26歳)、サンキュー鈴木
「手だと食べにくい」とのこと。そこは筆者も同意します

 サンキュー鈴木「チョコミントは好きなのですが、これには物申したい。チョコミントはアイスや飲料のフレーバーであることが多く、後味スッキリなのが魅力。しかしこのミントホイップは舌に残り、ケミカルな印象が強いです。味は良いのですが、ホイップクリームとミント味の相性が疑問です」

 なるほど、頷けるところがあります。アイスにしても飲料にしても、冷たいのが普通。そのため、ミントの清涼感がスッと消える後味と相まって、さわやかな気分にさせてくれる。ところがホイップクリームではそうはいかないというわけです。

 「ミントチョコはどうなんだ」と言われるかもしれませんが、チョコの中に入っているミントって、ペーストだったり、粒状だったりするわけですね。だからそれほど舌に残らない。しかしもちとろの場合、ほとんどがホイップクリームなので、とにかくクリーム感が強いわけです。口の中に残るというか。

 チョコミントが大好きな人には勧められると思いますが、そうでない人にはどうかなと、愛好家の自分としてもちょっと思います。かなり爽快感があるけれども、好き嫌いは分かれるかと。逆に言えば、それだけのインパクトがある一品。チョコミントを愛するなら、絶対に食べておいたほうがいいでしょう。


カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!