このページの本文へ

サプライズプレゼントまで登場

プロゲーマーと目の前で対戦! ファンの熱気がスゴかった「DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom」

2017年08月29日 17時00分更新

文● 宮里圭介 編集● ジサトラカクッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4人1組のチーム戦、勝利は誰の手に!?

 次の対戦は、通称「ドン勝つ」で知られる「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)。簡単にいえば、約100人で争うバトルロイヤルゲームだ。落ちている武器や車を使って相手を倒し、最後の1人になれば勝ちという、単純明快なルールで人気を博している。こちらはDeToNatorのメンバーがリーダーとなり、会場の来場者、そして視聴者から参加を募って、4人1組で対戦するというルールで行われた。

ストリーマーチームをリーダーに約100人が戦う

 DeToNatorから参加したのはストリーマーチームから、SPYGEA(スパイギア)氏、SHAKA(シャカ)氏、KHTV(ケーエイチ)氏、StylishNoob(スタイリッシュヌーブ)氏の4名だ。

ストリーマーチームの登場は、2時間14分あたりから。長身のSPYGEA氏、身長は192cmあるという

 ここで、トレーサーのコスプレをしていた古宮彗氏が衣装を替え、PUBGで新しく追加されたジャケットとスカート姿で再登場。トレーサーと負けず劣らず、完成度の高いコスプレを披露してくれた。ちなみに今回が初お披露目だそうだ。

トレーサーの完成度も高かったが、PUBGのコスプレでも負けず劣らず。可愛らしい姿を披露してくれた

 さらに自分の衣装だけではなく、ほかの衣装以外も作ってきたので、スタイリッシュヌーブ氏にぜひ着て欲しいという。その衣装は「陰キャコート」。目つきから銃の持ち方まで、外に出たら3歩で職質食らうレベルの完成度に、会場もどよめきが隠せない様子だった。「完全、殺人鬼だな……」というYamatoN氏の発言が全てを物語っていた。

StylishNoob氏までコスプレして登場。2時間21分からの登場シーンは必見だ。ベコベコのフライパンも、古宮彗氏の自作とのこと

 来場者の中から参加者を決めているところで、PUBG対戦への参加に必要なパスワードを配信のカメラがとらえてしまい、視聴者が殺到してしまうというハプニングが。「ハッキングされてる!?」とYamatoN氏が困惑する場面もあったが、パスワードの変更で対処していた。

パスワードが漏れた瞬間。「ハッキングされてる!?」と何故かうれしそうに叫ぶYamatoN氏の姿は、動画の2時間24分あたりで確認できる

 パスワードを変更してからは順調で、来場者からの参加を12名、残りを視聴者からオンラインで募集したところで、ゲームが開始された。

武器の調達、ニアミス、謎の動きなど、チームごとの動きがおもしろい

 対戦の様子は動画の2時間37分あたりから確認できるが、見どころをいくつかピックアップして紹介しておこう。PUBGは島へと降下した後、武器調達、移動手段の確保、拠点の確保と進めていくのが一般的。エリアがどんどん狭まっていくので、いかに安全に移動をするか、安全確認を素早く行なうかといったことが重要となってくる。

 また、最終的な目的は最後まで生き残ることなので、積極的に戦闘をしかけて死ぬリスクを高める必要はない。相手チームを見つけても、時には動かずにやり過ごすというのも戦略のうちだ。また、ムダ弾を撃って物資を浪費するのも避けたいところ。

 対戦開始直後はマップが広いこともあり、衝突はほとんどない。みんなアイテムを集めて装備を充実させることに専念していた。なお、ストリーマーチームのうちStylishNoob氏は実況に加わったため、SPYGEA氏、SHAKA氏、KHTV氏をリーダーとする3チームがDeToNatorからの参加となった。

「終わりだ!終わりだ!」と思わず声を上げてしまったKHTV氏。装備を整える前に航空爆撃を食らうレッドゾーンに入ってしまい、草原をひたすら走りレッドゾーンからの脱却を急ぐ。(2時間43分あたりから)
装備があるのは建物の中ということもあり、ニアミスからの戦闘がところどころで勃発。エリアが狭まる前なので頻度は少ないが、少しずつ小競り合いが始まっていた。(2時間45分あたりから)
何故か海を泳ぐ姿が……。実は沖合の赤いポイントにある強力な武器を取りに向かっていたようだ。確保をメンバーに任せ、SHAKA氏は海岸を車で走行。ボートを探していた。(2時間47分35秒あたりから)
装備も拠点も確保し、余裕のあるSPYGEA氏のチーム。匍匐前進で押し合いをしたり、ジャンプで踊っていたりと、おかしな動きで連帯感?のある遊びをしていた。(2時間54分あたりから)
屋内での乱戦を制するも、扉から外に出た瞬間に背後から打たれるKHTV氏。ここで一旦は、仲間の援護により一命を取り留める。しかし、近くにまだ3チーム程いて乱戦が続き、あえなく死亡。(2時間58分30秒あたりから)
SHAKA氏のチームは6角の建物を占拠中。スグ下の階に別のチームがいるのだが、このときはまだお互いに気づいていなかった。(3時間0分40秒あたりから)
エリアが狭まり、別のチームが近づいてきたところで戦闘に。この時の銃声や動きからお互いのチームが相手に気づき、SHAKA氏が打たれてしまった。物陰に逃げ込んでなんとか生き延びようとするも、ここまでだった。(3時間3分あたりから)
遠距離の相手も的確に倒していき、最終的に戦いを制したのはSPYGEA氏のチーム。4人全員生存という、完璧なドン勝つだ。(3時間6分あたりから)

 実況から気になるシーンを抜き出してみたが、各チームの動きや戦略に大きく違いがあるのが面白い。実況では全員の動きが見えてるぶん分かりやすいが、実際のゲームでは自分の周囲のことしかわからないだけに、いかに少ない手がかりから相手の位置を知り、倒せるのかがカギとなる。