このページの本文へ

どうせ無保証なんだから魔改造してまえ!

玄人志向とGALAXのコラボブランドは痛VGAに最適!

2017年09月13日 12時00分更新

文● 藤山 哲人 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

車のタッチアップスプレーは
いい色があるのに食いつかネー!

 今回のモチーフは、公共交通機関だ。これ以上は大人の事情で何も言わない(言えない!?)が、お察しいただきたい。各自「この塗装がナニであるか?」を妄想するほうが楽しめるだろう。男ってそんなモンだ。

 さていち早くこのグラボを入手できた筆者が人柱となり、「好きで」いろいろ塗ってみたが、結構難儀した点もあったので、後世のためにアドバイスしておこう。

いい塗料なんだよ!ほんとに! でも、今回は下地に塗ってある塗料と相性が悪くて撃沈!

 まずはじめは塗料のセレクトだ。メタリック系の色は、車の補修用タッチアップスプレーが一番きれいだし、色も豊富だよねーということで、試したところ見事に撃沈!

 なんと塗料の食いつきがめっちゃ悪くて、一度下地を塗ってそこにマスキングテープを張って剥がしたら、塗料が全部テープについてしまった! おうおうおう! テフロン加工のフライパンにペイントしたのか!? と思うほど食いつかない。1本千円以上するのに、これは大失敗してもーた。

今回は水性のスプレーで工作!なぜなら雨で室内で作業する必要があり、ラッカー系は匂いがきつくラリっちゃいそうだったから

 また水性塗料もあまり食いつきがよくない(タッチアップスプレーよりは、ぜんぜん食い付くけど)ので、マスキングを剥がすときは、十分に乾いてからゆっくりと確実に剥がすこと。

今回使ったのはカンペパピオの「塗料はがし剤」(水性タイプ)。ちょっと髪の毛を脱色するブリーチっぽい匂いがするが、水性なんで室内でもぜんぜんOK!

 もし時間に余裕があれば、ペイント剥がし剤やサンドブラスト、サンドペーパーがけして、一度塗料を全部剥がすと食いつきがよくなる。例えば、塗料剥がし剤なら、ハケで溶液を均一に塗り、1時間ほど待つと、塗料がふやけたようになり、金属の母材から浮き上がる。

全体に均一に塗って1時間放置しておくと、塗料がふやけて浮き上がってくる

 これをティッシュなどできれにふき取ると、油性、水性、ラッカー、ニスなど関係なく、きれーに剥がせる。また一回だけできれいに剥がせなかったら、2、3回に分けてやれば完全に取れる。エンボスの凹み部分は、ツメを立ててティッシュで拭いたり、歯ブラシで擦ると超きれいに塗料が落ちるので試してみてほしい。コレマジでサンドブラストいらずで超便利!

あとはティッシュやウェスで拭き取る。水洗いは絶対やっちゃダメ!今回は2回で完全にアルミの母材が露出した

 なお塗料剥がし剤は、DIYショップにて1500~2000円程度で購入可能。もし塗りに失敗した場合の、リカバリーにも使えるのでぜひ用意したところだ。

 なお塗料を落とすときは、必ずティッシュなどでふき取ること。水などで洗い流そうとすると、塗料が固まって飴のようになり、かえって剥がせなくなってしまう。

 アルミの母材が出たら「非鉄金属用メタルプライマー」というものを塗って乾かすと塗料の食いつきがよくなる。お店で買うと300mlのスプレー缶でだいたい1500円ぐらい。

「非鉄金属用メタルプライマー」(アサヒペン)。DIYショップで売ってない店はない!プラスチック用と間違えないように!

 プライマーを塗ってからスプレーすると、めっちゃ塗料が食いつくので、あとはマスキングして塗り重ねていける。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中