このページの本文へ

どうせ無保証なんだから魔改造してまえ!

玄人志向とGALAXのコラボブランドは痛VGAに最適!

2017年09月13日 12時00分更新

文● 藤山 哲人 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

超簡単な魔改造!ビニールテープで!

 工作は苦手!時間がない!でも「人と違うグラボにしたい!」という「わがまマン」なキミの場合は、ビニールテープ改造がお勧め。

ビニールテープならデコボコを気にせず貼れる!

 ペイントよりデザインできる幅は狭くなるが、鉄道やバス、飛行機などのデザインはたいていコレでいけるはず。だって本物が、コレに近い作り方してるから。しかも表面のエンボス(デコボコ)にも柔軟に貼れる、柔らかビニールテープなら、今回みたいな工作にピッタリだ。

(1) 最近のビニールテープはいろんな色があるから
DIYショップだけでなく100円ショップなども見てみるといい

用意するのはカラーリングに必要なビニールテープ

 ちなみに、ちょいちょい作っては撮影台のキレイな背景で写真撮ってると、日が暮れるどころか、締め切り過ぎてオレの人生も闇夜に暮れるので、背景がアレな点はご容赦いただきたい。

(2) ラインに飾りがある場合はあらかじめカット

なんとなく、ソレなイメージにカットして

(3) 穴とかエンボスとか関係なく貼りつける

貼り付ける!

 ビニールテープは柔らかいので、曲線でデザインされているものも自由に表現できる。

(4) 余分な部分をカット!本体は金属だからそのままフチをカッターで切る!

本体にテープを貼ってからカッターで不要なところをカット

 テープが柔らかいので、よく切れるカッターで切るときれいな仕上がりに。それでも切りづらいという場合は、冷凍庫で10分ぐらい冷やすと、ビニールが少し固くなるので切りやすくなる。

(5) 完成!

 何色かに塗り分けられている場合は、色を重ねてカットを繰り返せばいい。実に簡単。もし塗りに自身がなかったら、このようなビニールテープが一番お勧め。カッティングシートという手もあるけど、コイツはエンボスに貼るためには、ドライヤーで温めてやったりしなけりゃならないので、もうワンランク上の技術が必要になる。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中