このページの本文へ

最大16コア/32スレッド、128GBメモリーにQuadroP5000と強すぎる…っ!

サイコム、 Ryzen Threadripper搭載水冷PCを発売 最大メモリー128GB

2017年08月24日 18時05分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイコムは8月24日、水冷によるCPU冷却システムを採用した“Aqua-Master”シリーズに、“AMD Ryzen Threadripper”を搭載した新モデル「Aqua-Master X399A」を販売開始した。

 AMDのフラッグシップモデルとなるハイエンドCPU Ryzen Threadripperは、コンシューマー向けのデスクトップPCでは至上最速ともいわれる処理能力を誇るマルチスレッド・プロセッサー。最上位版の「Ryzen Threadripper 1950X」では、最大16コア、32スレッドの同時マルチ処理能力を持ち、レンダリング、ストリーミング、コンパイル、エンコーディングにおいてその実力を発揮するとしている。

 Aqua-Master X399Aでは、このRyzen Threadripperとの組み合わせに、マザーボード「ASRock X399 Taichi」と、240mmサイズのラジエーターを採用するCorsair製水冷ユニット「H100i V2」を標準装備。拡張性と冷却性能に優れるモデルだという。

 注文時ではCPUカスタマイズはもちろん、メインメモリーは最大128GBに、ストレージはHDD、SSD、M.2 PCIe SSDが選択できる。また、GPUにはゲーミング向けのNVIDIA GeForceシリーズを筆頭に、クリエイター向けのQuadroシリーズ、AMD FireProなどが用意され、ユーザーごとに合わせた最適なカスタマイズが可能。価格は26万9510円から(CPU 1920X/メモリー 16GB/HDD 500GB)。

Fractal Design ARC Midi R2Corsair H100i V2

 なお、サイコムでは発売を記念して「初回30台限定キャンペーン」を実施。台数限定だが、本モデルを1万5000円引きで購入できる。気になったユーザーはぜひともチェックしてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ