このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

Drobo 5N2の自動バックアップ「Drobo DR」を色々テスト

Drobo DR再び-ディザスタリカバリーの実地訓練

2017年08月31日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回前々回と、Droboの製品ラインナップに新たに加わったDrobo 5N2を取り上げてきた。Drobo 5N2は、ネットワークを介してWindows PCやMacと接続するNAS(Network Attached Storage)型の製品で、以前は上位の機種が備えていた機能を取り入れることで高機能化を実現したものだ。具体的には、

・2つのギガビットEthernetを備え、複数ネットワークへの接続、フェイルオーバー、リンクアグリゲーションといった使い方ができる
・「Drobo DR」と呼ばれるディザスタリカバリー機能が使える

の2点である。Drobo DRは、2台のDrobo 5N2を用意して一方からもう一方へと自動バックアップを実現する機能だ。バックアップ用のDrobo 5N2の置き場所は、メインのDroboと同じ場所(オンサイト)以外にも、VPNを介した遠隔地(オフサイト)とすることもできる。

 前回の記事では、2台のDrobo 5N2を用いてDrobo DRをセットアップした。今回はこのDrobo DR環境についていろいろと探ってみよう。すでにDrobo DRのセットアップについては済んでいるものとする。Drobo DRの環境の構築手順については、Drobo 5N2を2台(あとHDDを適量)買った後、前回の記事を参照していただきたい。

Drobo DR対応機種ではDrobo Dashboardにメニューが

 下のスクショは、Droboの管理や設定を行うアプリケーションであるDrobo Dashboardを起動した直後のものだ。表示されているDroboのいずれも選択していないため、左ペインにある各種機能の項目はグレイで表示されてクリックできない状態になっている。

Drobo Dashboard起動直後。画面上でDroboを選択していないので、左ペインの項目はグレイ表示になっている

 ここで筆者の私物であるDrobo FSのアイコン(Drobo-FS-Vaultと書いてある)を選択すると、「ステータス」「容量」といった項目がクリックできるようになる。

いずれかのDroboを選択すると、左ペインの設定項目が有効になる

 一方、2台あるDrobo 5N2のいずれかを選択すると、左ペインに「DroboDR」という項目が表示されるようになる。

Drobo 5N2を選択すると、左ペインに「DroboDR」という項目が追加される

 当然のことだが、Drobo DRの項目が表示されるのは、Drobo DRに対応した機種を選択している時だけだ。現行機種では、Drobo 5N2とDrobo B810nが該当する。同じNAS型のDroboであっても、Drobo DR未対応のDrobo 5NやDrobo FSの場合には表示されない。


 

(次ページ、「バックアップの頻度はどれくらい?」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART