このページの本文へ

集客しやすいウェブ制作に

「SEOアシスタント」機能搭載! ウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE 10」

2017年08月23日 08時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「BiND for WebLiFE 10」サイトシアター画面

 デジタルステージは8月22日、ウェブサイト制作ソフト「BiND for WebLiFE 10」を発表。9月27日に発売する。

 BiNDは豊富なテンプレートとブロック編集による高いカスタマイズ性を持つウェブ制作ソフトで、今年9月で10周年を迎える。新バージョンでは集客を意識したSEOを強化する「SEOアシスタント」機能を新たに搭載。ディスクリプションの設定の有無やALTの設定、ページタイトルやリンクテキストが適正であるかといった項目を自動でチェック。

 また、利用頻度の高い機能を中心にUIを改善。オンラインサービス「BiNDクラウド」と連携(1年間利用ライセンス付属)してサイトデータの同期や編集画面への動線を見直し、ローカルとオンラインの両環境を繋ぐなど多角的なパフォーマンス向上を図っている。

スタンダード版(左)とプロフェッショナル版(右)、クロスプラットフォーム版やダウンロード版も用意される

 Windows版とMac版が用意される。いずれもスタンダード版はパッケージ/ダウンロード版ともに2万1384円、書籍付きパッケージ版は2万2464円。収録テンプレートの多いプロフェッショナル版はパッケージ版/ダウンロード版が3万2184円、書籍付きパッケージ版は3万3264円。Windows版とMac版を両方収録するクロスプラットフォーム版は書籍付きで4万4064円。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ