このページの本文へ

AMD「Radeon RX Vega 64」

開店時にほぼ完売! 「Radeon RX Vega 64」が販売解禁

2017年08月21日 20時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのVegaアーキテクチャーを採用した新型GPU「Radeon RX Vega 64」の販売が21日(月)11時よりスタートした。秋葉原では、パソコン工房秋葉原BUYMORE店とツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.の4店舗で販売を確認している。

21日(月)11時より販売がスタートした新型GPU「Radeon RX Vega 64」搭載ビデオカード

 発売されたのは、GIGABYTE、HIS、PowerColor、SAPPHIRE、玄人志向の5メーカー。いずれもリファレンス版で、ハイエンドの水冷版「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」と空冷版でメタリック外装のモデル、同じく空冷版でブラック外装の通常モデルという3モデルがラインナップされている。

水冷版と空冷版でメタリック外装のモデルは在庫なし
全てのモデルにゲームクーポンが付属する

 先週より予約がスタートした「Radeon RX Vega 64」搭載ビデオカードだが、ツクモ各店では予約分で完売。本日取材時にも店頭販売分の確認はできず、事前に予約をした人が購入していく姿が見られた。

空冷版でブラック外装の通常モデル。パソコン工房秋葉原BUYMORE店では在庫販売中だった

 パソコン工房秋葉原BUYMORE店では、本日11時の解禁時間より20枚の在庫を用意。水冷版と空冷版(メタリック)は、開店前に並んだ人ですべて完売。夕方の取材時には空冷版(ブラック外装)の在庫が確認できた。なお、価格は水冷タイプが約8万5000円、空冷タイプが2モデルとも約7万3800円。

ツクモDOS/Vパソコン館では入荷時期は未定ながら、SAPPHIREの水冷モデルとMSIの空冷モデルの予約を受け付けている

 そのほか「Radeon RX Vega」シリーズの詳細については「AMD派待望の「RX Vega」はハイエンドGPUにおける周回後れを取り戻せるか?」「イベントで見せた隠し玉はRadeon RX Vega Nanoか? AMD GPUロードマップ」を参照してもらいたい。

【関連サイト】

カテゴリートップへ