このページの本文へ

松屋の新業態は本格中華!「松軒中華食堂」が8月22日オープン

2017年08月18日 18時10分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 松屋フーズは8月18日、本格的中華メニューが楽しめる中華食堂「松軒中華食堂」を新業態としてオープンすると発表した。まずは京王線千歳烏山駅北口(東京・世田谷)にて8月22日から営業開始する。

 「こだわりの味わいをお手軽に・みんなの食卓でありたい」というコンセプトのもと、こだわり抜いたスープや素材などを使用した健康的かつ本格的中華メニューは、手頃な価格で楽しめるという。

 また、松軒中華食堂のこだわりが多くつまったとする「醤油拉麺(486円)」は、1724年創業以来醤油のみを造り続けてきた入正醤油のほか、厳選を重ねた醤油を使用。ブレンドされた醤油ダレにより、あっさりと飽きのこない味に仕上がったとのこと。

 そのほか、「ニラともやしの豚生姜焼き」に「回鍋肉」といった定食メニューや、生ビール、ハイボールなどのアルコール類、おつまみも各種取り揃えている。

訂正とお詫び:初出時、一部表記に誤りがございましたので、訂正いたしました。(2017年8月24日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!