このページの本文へ

製造は変わらぬブルックリン工場

老舗ヘッドフォンブランドGRADO、メープルとメタルのフラッグシップモデル

2017年08月18日 12時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ナイコムは8月18日、GRADOブランドの新フラッグシップヘッドフォン「PS2000e Balanced」を発表した。発売日は8月25日で、価格は36万6120円。

 ドライバーデザインなどが新設計された「PS2000e」のバランス駆動モデル。コネクターは4ピンXLRを採用してバランス駆動に対応した。

 主な仕様は、周波数特性が5~5万Hz、チャンネルバランスが0.05dB、インピーダンスが32Ω、感度が99.8dB。パッケージには6.3mmステレオプラグと、3.5mmミニプラグへの、それぞれの変換ケーブルが付属する。また、製造はほかのGRADO製品と同じく、ニューヨーク・ブルックリンの工場で全て職人による手作業にて組み上げられるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART