このページの本文へ

ゲームバランスの調整やNPC会話自動生成などゲームのさまざまなシーンに活用

日本初のゲーム専門AI会社「モリカトロン」設立

2017年08月16日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
モリカトロン株式会社

 日本初のゲーム専用のAI企業「モリカトロン株式会社」が8月16日に設立された。

 PlayStationの初期から積極的にAIをゲームに取り入れてきた森川幸人氏が代表となる会社で、ゲームAIの研究開発、設計や運用を行なう。これまで手がけたゲームとして「ジャンピングフラッシュ!」、「がんばれ森川君2号」、「ここ掘れ!プッカ」、「アストロノーカ」、「くまうた」などがある。

 今後のゲーム専用AIの活用として、より自然なキャラクター会話を自動生成、ゲームバランスやパラメーターの自動調整、フィールドのオブジェクトの自動生成などを目指すとしている。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』