このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第304回

秋の大型アップデートでリリース予定

Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする

2017年08月16日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

次の大型アップデート「Fall Creators Update」と同時に「Windows 10 Pro for Workstations」もお目見えする予定

監視報告
Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする

 2017年8月10日、マイクロソフトのWindows Blogにて、「Windows 10 Pro for Workstations」を発表した。秋に控えている次の大型アップデート「Fall Creators Update」時にリリースされる予定だ。

 「Windows 10 Pro for Workstations」は名前の通り、企業のサーバーなどで利用される最先端のハードウェアをサポートした上位エディションで、さまざまな新機能を搭載している。

 サーバー用途で使われるファイルシステムの「ReFS(Resilient File System )」を採用し、大規模なデータセットを利用できるようになる。NTFSの最大ボリュームサイズは256TBだが、ReFSは4.7ZB(ゼタバイト)。1ゼタは10垓で、1テラの10億倍となる。障害に強く、データを保護するための機能を備えている。

 性能を追い求める企業にとってはSSDの速度も遅く、メモリー上にシステムを展開することもある。その際、通常のメモリーだと停電で全ての情報が失われるので、ログを記録する必要があるが、ここでSSDを使うのは本末転倒。そこで、DRAMとNANDを併用した「不揮発性メモリモジュール(NVDIMM-N)」が利用される。電源を切っても内容が維持されるのだ。「Windows 10 Pro for Workstations」では、この「NVDIMM-N」がサポートされる。

 ネットワーク面では、リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA)機能を備えたネットワークアダプタを使うことで、「SMBダイレクト」機能を利用できるようになる。「SMBダイレクト」はCPUをほとんど使わず、高速でデータを送受信できるのが特徴だ。その分CPUパワーを他に利用したり、電力を節約することができる。

 CPUの対応も拡張される。現在のWindows 10は2CPUまでの対応だが、「Windows 10 Pro for Workstations」は4CPUまで対応。これで、Intel XeonやAMD Opteronをフルに活用できるようになる。利用できるメモリー量も増えており、現在2TBまでのところ6TBまで使えるようになる。

これでズバッと解決!

 企業のサーバーなどで利用される最先端のハードウェアをサポートしたWindows 10の上位エディション。ReFSやNVDIMM-N、SMBダイレクト、4CPU、6TBメモリなどをサポートする。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン