このページの本文へ

CanJSで初めて作る!GitHub連携のリアルタイムなToDoアプリ

2017年08月14日 20時18分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

動きの早いJavaScriptフレームワークの世界で、長い歴史と実績を持つCanJSを知っていますか? その魅力を解説しながら、簡単なWebアプリを作成するチュートリアルをお届けします。夏休みの課題にどうぞ。

CanJSは、長期にわたってメンテナブルなWebアプリの作成に役立つ、革新的なフロントエンドライブラリーです。何十個もの独立したパッケージがあり、必要なライブラリーを選択できるため、100kb以上の依存オブジェクトに苦労することもなくなります。

CanJSはMVVM(モデル・ビュー・ビューモデル)構造です。以下の主要パッケージで成り立ちます。

このチュートリアルではGitHubリポジトリのissueリストをソースに、ToDoリストアプリを作ります。GitHubのWebhook APIでリアルタイムに更新され、jQuery UIのSortable(並べ替え)によって順番が変更できます。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く