このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第264回

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」 第45回

なぜ売れてる?Steamで見つけた謎のフレームレート改善ソフト「CPUCores」

2017年08月19日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で6月12日に公開した「なぜ売れてる?Steamで見つけた謎のフレームレート改善ソフト『CPUCores』」を紹介します。


Steamで売上上位にあった怪しげなソフトウェアを試してみる

 常日頃から買う気がなくてもSteamをぶらぶら見ているジサトラアキラです。早速余談ですが、皆さん「PAYDAY 2」ダウンロードしました? 6月21日まで500万本限定で無料配布中なんですが、実質全プレですよ。4人協力プレイのオンラインFPSで、犯罪組織の依頼を受け、銀行強盗などのミッションに挑むという、なかなか悪の心が刺激される内容ですので、ストレス解消にぜひ!

 さて、本題ですが最近Steamから導入するソフトウェア=ツール的なものが増えているんですよね。定番ベンチマークソフト「3DMark」もそうですし、動画壁紙作成ソフトの「Wallpaper Engine」(関連記事)とかね。

 そんななか、5月上旬に並み居る人気ゲームを押しのけて売り上げランキング上位にいた「CPUCores :: Maximize Your FPS」を発見。

 なんとも怪しい日本語の説明によると「FPSが最大化 :: CPUCoresを使用して OS +非ゲームプロセスの分離と制約し、ゲーム専用のCPUリソースを割り当ててください!SteamゲームとCPUCoresは完全に統合しています。」(原文ママ)とのこと。

 ゲーマーにとってはfps(フレームレート)が向上するならなんでも導入する価値アリですが……。その結果はいかに?

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラアキラ
 ジサトラのPCゲーム担当。ハイエンドや最新パーツで快適なのは当たり前。古い機材でもPCゲームは楽しい!


 続きは「なぜ売れてる?Steamで見つけた謎のフレームレート改善ソフト『CPUCores』」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事