このページの本文へ

夜中もブラを外さない人2割…ワコール「ブラパン!」の赤裸々

2017年08月14日 06時00分更新

文● 真島加代(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

男性にとっては未知の世界、“女性用下着”――。じつは、女性も他人の下着事情については、まったくの無知といってもいい。そんななか、下着メーカー大手・ワコールの公式ウェブコンテンツ「ブラパン!」では、約40万人の下着事情が赤裸々に明かされているという。(真島加代/清談社)

下着のホンネを紐解く
ウェブコンテンツ「ブラパン!」

約40万人の女性がホンネで語った下着事情をまとめた、ワコールの「ブラパン」。2割の女性が寝るときも下着を着けると回答。しかも、夜用ブラではなく、昼間用を着けている女性が大勢いたという(写真はイメージです)

 男性が「今日の下着は何色?」なんて、女性に尋ねれば、とたんにセクハラの烙印をおされてしまうが、じつは、女性同士でも胸のカップ数や、どんな色の下着が好きか、などが話題にのぼることはほとんどない。

 男女問わず“秘め事”となっている下着事情。しかし、大手下着メーカー・ワコールの公式ウェブサイトのコンテンツ「ブラパン!聞きたくても聞けない、下着のホンネ」では、ワコールの無料ウェブ会員「MyWacoal(マイワコール)」のメンバー、約40万人に下着まわりに関するアンケートをとり、その結果を公開している(ちなみに、男性も会員登録可能)。

「ブラパン!の担当部署では、どんなアンケートを実施するかというアイデア出しから、マイワコールメンバーへのアンケートの実施も含めて、すべて社内でおこなっています」

 そう語るのは、ワコール広報・宣伝部WEB・CRM企画課の川勝和美さん。先日リニューアルされたばかりの公式サイトには、ひとつの質問に対して、回答の割合がグラフで表示され、その回答を選んだメンバーの抜粋コメントは、誰でも閲覧できる。

 アンケート項目には「持っているブラで一番多い色は?」など、下着に関する質問はもちろん、「夏のお風呂の入り方は?」といった、バラエティ豊かなアンケートが並ぶ。

「企業アンケートというと、どうしても堅くなってしまい、答えづらくなってしまう面があります。親しみやすさを意識した素朴な疑問など、楽しみながら回答してもらえる質問を心がけています」

眠るときも昼用ブラを外さない!
担当者も驚く仰天回答

今年3月に出版された「ブラパン100

 これまでに集計された100問を超えるアンケートの中には、下着のプロであるワコール担当者の目から見ても意外な結果が出ることもあるという。

「『寝るときはブラを外す?』という質問では、ブラを外すという回答が81%、外さないという回答は19%で、数値に関しては予測通りの割合でした。ただ、外さない派の方々のコメントを見ると、夜用のブラではなく、眠るときも昼間につけているのと同じ補整機能のあるブラを着ているという意見が想定よりも多く、とても驚いたのを覚えています」(ワコール・川勝さん)

 横になっても胸をやさしく包んで支え、安定させてくれる締め付けがゆるい“夜用ブラ”は、女性の間では定番化している商品。眠るときも外さない派ならば、夜用ブラをしているのかと思いきや、「災害時や朝にそのまま外出できるように昼用を着けている」、「外すという発想がなかった」などの意見が多くあがったという。

「もうひとつ意外な結果だったのは『スリップを使ったことがある?』というアンケートです。着たことがないという回答が多いのは予想通りだったのですが、“スリップが何かがわからない”という声が若い世代を中心に多くあがったことにも、衝撃を受けました」

 スリップとは、ブラジャーやショーツを透けにくくして、下着のラインを洋服にひびきにくくするためのワンピース型のランジェリー。男性ならば知らなくてもおかしくないが、若い女性にとっても“スリップ”が縁遠い存在であることが判明したのだ。

「夜用ブラもスリップも、社内では『あたりまえなこと』として認識されていたので、とても驚きました。社内や私自身の『あたりまえ』と、お客さまの『あたりまえ』に大きな差があることに気づくきっかけになりましたね」

 友人同士でも、普段話し合わない“下着”というテーマだけに、個性や家庭環境が色濃く反映される、それがブラパンのおもしろさなのかもしれない。

きっかけは素朴な疑問
今や9年目の定番コーナーに

 回答する人も見る人も楽しめる「ブラパン!」。そのはじまりは、川勝さんが抱いた素朴な疑問だったという。

「ある日のランチタイムに『もう下着の衣替えした?』と、同僚に尋ねたところ『下着の衣替え?そんなこと考えたことない!』と驚かれたんです。そこで、一般的には下着の衣替えをするのかどうか、マイワコールメンバーにアンケートで聞いてみよう、ということになったんです」

 さっそくアンケートを実施すると、自由コメント欄には回答者の率直な意見や、意外性のある答えが多く寄せられたという。

「こんなにおもしろいアンケートを、担当者として独り占めしておくのはもったいない!と思い、サイトで公開することにしたんです。当初は、20問ほどでネタ切れしてしまうと思っていたのですが、マイワコールメンバーの方から『こんなことも聞いてほしい』というリクエストをもらうようになり、気がつくと9年目を迎えていました」

 川勝さんの何気ないひと言から、今やワコールきってのご長寿コンテンツとなった「ブラパン!」。普段はなかなか知る機会のない、下着に関する使用実態とホンネがわかる貴重なデータでもある。

「ときどき、商品を開発している部門から『このようなことをブラパンで聞いたことがあるか?なければアンケートできるか?』など、気軽に問い合わせがくるようになりました。ウェブサイトの感想のなかには、『友達や家族とも下着のことは普段話さないので、アンケートの結果はおもしろいし、参考になる』という声が多くありました。そこで、より多くの方が共有できるように書籍化することになったんです」

 川勝さんは、あくまで「この本が下着について話すキッカケになればうれしい」と話す。

「『ブラパン!』のアンケートは、これからも継続していきます。下着まわりの話は、普段はあまり話さなくても一度話し出すと止まらないほど、とても盛り上がるテーマなんですよね。今後は、書籍の内容を軸に、気軽に下着の話ができるイベントを開催するなど、リアルな場を提供できないか模索中です」

 ひとつの素朴な疑問から生まれた「ブラパン!」。これからどのようなユニークな進化を遂げるのか、今後も目が離せない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ