このページの本文へ

25cmピザも焼ける大型庫内サイズが魅力

象印マホービン、「サクふわトースト」が焼けるマイコンオーブントースター「こんがり倶楽部」

2017年08月09日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「こんがり倶楽部」(ET-GM30型)

 象印マホービンは8月9日、表面をサクッと、中はふわっと焼き上げる「サクふわトースト」コースなど高機能なオーブントースター「こんがり倶楽部」(ET-GM30型)を発表。9月1日に発売する。

 マイコンによる自動温度調節機能を搭載、焦げ目のつかない温度帯に留めてサクッとした層を厚く、その後に一気に火力を上げて焼いて中身のふわっとした食感を出す「サクふわトースト」コースを搭載。そのほか、コースを選ぶだけで温度を自動調節する「トースト」、「冷凍トースト」、「ピザ」、「冷凍ピザ」、「フライあたため」、「ロールパンあたため」の計7種を搭載。

「サクふわトースト」コースイメージ

 庫内はトーストが4枚同時に焼ける29.5cmの「ビッグ&ワイド庫内」は、直径25cmのピザやグラタン皿3枚にも対応する。焼き芋などの時間がかかる調理も可能な30分ロングタイマー、メニューの幅が広がる「80℃~高温250℃温度調節」などを装備。

 本体サイズはおよそ幅39.5×奥行き34.5×高さ22.5cm、重量はおよそ5kg。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ