このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

仕事も観光もできる! 京都のハイテク次世代カプセルホテル「The Millennials」を体験

2017年08月10日 15時00分更新

文● 佐藤ポン 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 出張の多いビジネスマンの味方「カプセルホテル」。宿に着いてもどうせ寝るだけなので、宿泊費をできるだけ安く済ませたい人には最適の施設だ。しかし2017年7月、京都にオープンしたカプセルホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」は、いままでのイメージを覆す次世代カプセルホテル+コワーキングスペース。JR東海プレスツアーのついでに取材、というか宿泊してきた。ホントにココに住み着きたい……と思えてくる快適な施設でした!

「The Millennials」はミレニアル世代(1980年以降に生まれた世代)に向けた新しい宿泊施設
既存のカプセルホテルの雰囲気とは少々異なる。いったいどんなホテルなのだろうか?

次世代カプセルホテルってどんな施設?

 グローバルエージェンツが運営するホテル「The Millennials」は、京都河原町三条にある。昔はカラオケが入っていたビルというだけあって、繁華街のど真ん中だ。京都駅からタクシーで13分、さらに阪急京都線(河原町駅)や京阪電気鉄道(三条駅)、駅地下鉄東西線(三条京阪駅、京都市役所駅)の4つの駅から徒歩5分圏内という、実にすばらしい立地条件だ。

ホテルは京都の鴨川と平行に通る河原町通沿いにある。お隣は100円均一ショップの「Can Do」
歩いて5分以内で有名な鴨川に出られる。この近隣にはコンビニや飲食店が多数
The Millennialsの建物に入ると、白を基調にした清潔感あふれるエントランスが広がる。受付のある8階まではエレベーターで向かう外国人観光客が多いためか、館内案内は日本語が少なめでアルファベットや記号が多い

 記事冒頭でこのホテルを便宜上「カプセルホテル」と呼んだが、従来のカプセルホテルとはコンセプトが異なる。この施設最大の特徴は、ホテル部分「The Millennials」にコワーキングスペース「andwork京都」が入っているところ。「観光客が宿泊している隣で仕事?」と疑問に思うだろうが、これには理由がある。

 京都は世界中の観光客が訪れる街だ。京都で働く人々が世界中から訪れた観光客と交流を図り、新しいビジネスが生まれるかもしれない。また、ビジネスにつながらないにしても、仕事をしている隣で観光客がワイワイしていたら、なにかインスピレーションを受けるかもしれない。そのようなさまざまな可能性を秘めた施設が、The Millennialsなのだ。

エントランスやロビーなどは、ホテル利用者とコワーキングスペース利用者の共用スペースとなっている。それぞれの利用者の交流の場として使われる
ロビーには大きなソファーの他に、4人がけシート、バーカウンターのような脚の長い椅子とテーブルなど、さまざまなエリアが設けられている
利用者が誰でも使える巨大なキッチンには、コーヒーメーカーや冷蔵庫、オーブン、炊飯器まで揃っている。当然、食器類や調理器具も完備
キッチンのIHクッキングヒーターは三菱電機の『CS-G32M』使用した器具は、使った人がすべて原状復帰させるのがルール。元通りにするのであれば、鮮魚を買ってきて調理してもよいそうだ
ロビーのあちこちにコンセントが用意されていた。どこに座っていても充電できるのがうれしい

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社