このページの本文へ

CENTURY「裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C」

RAID対応のUSB3.1外付けHDDケース「裸族のテラスハウス」が発売

2017年08月05日 22時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーの人気外付けHDDケース「裸族」シリーズから、Serial ATA対応の3.5インチHDDを2台搭載できる「裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C」(型番:CRTS35U31C)が発売された。

「裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C」

 この製品は、3.5インチHDDを2台搭載できるRAIDサポートの外付けHDDケース。スイッチでRAID 0およびRAID 1を構築できる。対応HDDは最大10TB×2台の20TBまで。PCの電源のオン、オフに連動して、HDDと冷却ファンの回転と停止を制御する「省エネモード」も備える。

背面スイッチでRAID 0およびRAID 1を構築USB3.1(Gen2) Type-Cインターフェースに対応。変換アダプター使用でType Aでも利用可能だ

 また、USB3.1(Gen2) Type-Cインターフェースに対応するのも特徴。PCとの接続は通常のAコネクターに加え、 Type-C搭載PCに直接接続可能な変換アダプターが付属する。サイズは80(W)×189(D)×144(H)mm、重量約1160g。

 価格は1万4904円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中